ユーザー設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center でユーザーが作成された後で、そのプロパティを構成し、システム上で実行可能な操作を制限することができます。

始める前に

ユーザーを作成します。

このタスクについて

個々のユーザーのプロパティを構成する代わりに、ユーザーグループのメンバーとしてユーザーを追加し、グループのすべてのプロパティを継承させることができます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[ユーザー管理] タスクを開きます。
  2. 構成するユーザーを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. 一時的にユーザーが Security Center にログオンするのを防止するには、ユーザープロファイルを無効化します。
  4. このユーザーに電子メールまたはメッセージを送信する場合、[電子メールアドレス] フィールドに電子メールアドレスを入力し、[適用] をクリックします。
    電子メールを送信 および レポートを電子メールで送信 アクションを使用して、ユーザーに電子メールを送信できます。
  5. ユーザーのパスワードまたはパスワード設定を変更します。
  6. [ユーザーレベル] オプションで、ユーザーが親ユーザーグループからユーザーレベルを継承するのか、特定のレベルを設定するのかを指定し、[適用] をクリックします。
    ユーザーレベルは、特定の操作 (カメラ PTZ の制御、カメラからの動画フィードの閲覧や、脅威レベルが設定されてもログオン状態を維持すること) を制限するためにユーザーに割り当てられる数値です。レベル 1 が最上位のユーザーレベルであり、最も多くの権限が与えられます。
  7. (オプション) PTZ モーターを制御するために異なるユーザーレベルを構成します。
  8. ユーザーにパーティションのアクセス権限を付与します。
  9. ユーザーに権限を割り当てます。
  10. ユーザーのログオン方法をカスタマイズします。
  11. ユーザーがリモートで Security Desk ワークステーションを制御できるようにするには、ユーザーが制御可能なワークステーションを選択します。
  12. [詳細] タブをクリックします。
  13. ユーザーが Security Desk にログオンする際にユーザーの開いているタスクをサイクル処理するには、[ログオン時にタスクのサイクル処理を開始] オプションを [オン] に切り替え、[適用] をクリックします。
    ヒント: Security Desk が開いた後でのユーザーによるタスクのサイクル処理の停止を防ぐには、ユーザーによるタスクのサイクル処理の開始/停止権限を拒否します。
  14. ユーザーが動画 (G64x) またはスナップショットをエクスポートする際、システムはエクスポートされる動画またはスナップショットに、調査に役立つメタデータ (カメラ名、作成日、カメラ座標など) を組み込むことができます。エクスポートされるファイルに付随するメタデータを有効にするには、[エクスポート/スナップショット時に追加プロパティを含める] オプションを [オン] に切り替え、[適用] をクリックします。