Web Client について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk アプリケーションにアクセスできない場合は、Security Center Web Client を使用して Security Center システムのさまざまなエンティティを構成してモニターしたり、Web ブラウザーからレポート生成したりできます。

Web Client 5.8 は次のような機能を備えています。
  • 直感的な Web Client ユーザーインターフェイス
  • ライブ動画と再生動画を表示し、他の動画監視タスクを実行できる [モニタリング] タスク
  • ブックマークが追加された動画を検索できる [ブックマーク] タスク
  • ドア関連アクティビティを検索できる [ドアアクティビティ] タスク
  • システム上で生成されたアラームを検索できる [アラームレポート] タスク
  • Web Client の任意のページから現在のアラームを表示、調査、転送、確認できるアラームリスト
  • システム上で生成されたナンバープレート読み取り結果とヒットを検索できる [プレートレポート] タスク
  • アクセス・コントロール・アクティビティ (カード所有者の作成、訪問者のチェックインとチェックアウト、カード所有者グループの管理、認証情報の検索など) を実行できる [アクセス構成] タスク
  • 脅威レベルは、システムのモニタリング中に火災や銃撃などの危険な状況に対応するために使用します。Security Center システム全体または特定のエリアの状態を変更することで対応できます。
注: カスタムフィールドは Web Client でサポートされていません。

Web Client での動画の使用

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。

Web Client でのアクセスコントロールの使用

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。