マップへの KML オブジェクトの追加 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Keyhole Markup Language (KML) オブジェクトを Map Manager ロールにインポートすることにより、道路および交通の流れなどの地理的な機能および動的な情報をジオリファレンスマップに追加できます。

このタスクについて

Keyhole Markup Language (KML) は、Google Earth や Google Maps などのアースブラウザーで地理データを表示するために使用されるファイル形式です。 KML ファイルは、道路や建物などの静的な機能、または気象条件や交通の流れなどの動的な情報を表す、マップオブジェクトを定義します。それらはジオリファレンスマップでのみ使用できます。
注: 動的な KML レイヤーは KML ファイル内で定義される一定の間隔で更新されます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. [Map Manager] ロールを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [マップレイヤー] セクションの下で、[アイテムの追加] () をクリックします。
  4. [インポートするレイヤーの選択] ダイアログボックスで、.kml または .kmz ファイルへのパスを入力します。
    ファイルが正常に読み込まれた場合、KML オブジェクトのプレビューと、使用可能なレイヤーのリストが表示されます。デフォルトですべてのレイヤーが選択されます。
  5. 必要に応じて、不要なレイヤーを選択解除します。
  6. [インポート] をクリックし、[適用] をクリックします。

次のタスク

デフォルトで、新しくインポートされた KML レイヤーはすべてのジオリファレンスマップに自動的に表示されます。一部のマップで KML 情報が必要ない場合、マップ構成で KML レイヤーを非表示にする必要があります。