許可の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center に許可エンティティが追加された後で、許可構成設定を変更できます。

始める前に

許可を作成します。

このタスクについて

ソース・テキスト・ファイルは、LPR Manager コンピューターのローカルドライブ (C ドライブなど) または LPR Manager をホストしているコンピューターからアクセス可能なネットワークドライブに配置する必要があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR] > [許可]をクリックし、構成する許可を選択します。
  2. [ID] タブで、許可の [説明] を入力し、[適用] をクリックします。

    許可のより長い説明を追加できます。このフィールドは Genetec Patroller™ に表示されません。

  3. [プロパティ] タブで、許可リストのソース・テキスト・ファイルがあるコンピューター上の [パス] を入力します。

    ネットワークドライブへのパスの入力を開始すると、[ユーザー名] および [パスワード] フィールドが表示され、ネットワークドライブにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

  4. ソース・テキスト・ファイル内の属性フィールドの長さが異なる場合、[区切り文字を使用] オプションを [オン] に切り替え、各フィールドを区切るために使用される文字 (区切り記号) のタイプを入力します。

    デフォルトでは、[区切り文字を使用] は [オン] に設定され、区切り文字としてセミコロン (;) が指定されています。ソース・テキスト・ファイルが固定長フィールドで構成されている場合、[区切り文字を使用] を [オフ] に設定します。Security Center は次の区切り文字をサポートしています。

    • コロン (:)
    • コンマ (,)
    • セミコロン (;)
    • タブ (“Tab” と入力)
    重要: ソース・テキスト・ファイルがタブを区切り文字として使用する場合、ただ 1 つのタブスペースを使用します。ファイル中の列を調整するために複数のタブスペースを使用しないでください。そうでないと、Security Center は許可リストを解析できない可能性があります。
  5. Security Desk でこの許可の編集を許可されるユーザーを決定します。
  6. 許可リストのテキストファイルに対する [属性] を構成して、Genetec Patroller™ がリスト内の情報を解析できるようにします。
  7. [適用] をクリックします。