アクセスルールについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセスルールは、スケジュールに基づいてアクセスが許可または拒否されるカード所有者のリストを定義するエンティティのタイプです。アクセスルールは、保護されたエリアまたはアクセスポイントに適用できます。

アクセスルールには次の 3 つの情報が含まれています。

このロジックは、アクセスレベルによって対象者がアクセスできる場所時間を定義する他のアクセス・コントロール・ソリューションとは異なります。

ドアコントローラー (Security Center ではアクセス・コントロール・ユニットと呼ばれます) にプッシュされたアクセスルールを変更する必要はありません。カード所有者に新しい認証情報を関連付けた場合でも、古いルールが引き続き有効です。

永久アクセスルールと一時アクセスルール

アクセスルールには、永続的なものと一時的なものがあります。 一時アクセスルールは、一定の期間有効になり、期限切れがあるアクセスルールです。永久カード所有者が制限されたエリアに一時的に、あるいは時期によってアクセスしなければならない場合は、一時アクセスルールが役立ちます。システムが煩雑にならないよう、一時アクセスルールは 7 日後に自動的に削除されます。

一時アクセスルールの典型的な使用例として、季節的なカード所有者 (学期中に研究室にアクセスする必要がある学生など) や、制限されたエリアへの短期アクセスが必要な永久カード所有者 (高度なセキュリティで保護されたデータセンターでストレージサーバーを操作する必要があるメンテナンス技術者など) があります。

[カード所有者管理] タスクでは、一度に 1 人のカード所有者に一時アクセスルールを割り当てることができます。一時アクセスルールを複数のカード所有者またはカード所有者グループに割り当てるには、Config Tool でアクセス・ルール・プロパティを更新する必要があります。

制限事項

一時アクセスルールは、HID ユニットと Synergis™ ユニットの両方で機能します。ただし、オフライン (Access Manager から切断された) 状態で一時アクセスルールを適用できるのは、Synergis™ ユニットだけです。HID ユニットで一時アクセスルールを使用するには、コントローラーが Access Manager に常に接続され、同期が [自動] に設定されている必要があります。一時アクセスルールの有効化は、ホストのルックアップのため、直ちに行われます。しかし、一時アクセスルールの期限切れは、Access Manager と同期した後でのみ有効になります。