動画監視システムを導入する準備 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

動画監視システムの導入を容易にするために、一連の事前構成手順を実行する必要があります。

手順

  1. 組織内で使用されるすべてのパブリックおよびプライベートネットワーク、それらの IP アドレス範囲、動画転送機能 (マルチキャスト, ユニキャスト UDP、およびユニキャスト TCP) を示す図を用意します。
    パブリックネットワークに関しては、それらのプロキシサーバーの名前とパブリック IP アドレスも必要です。この情報については IT 部門にお問い合わせください。
  2. Security Center が通信と動画ストリームに使用するポートを開き、それらがファイアウォールと NAT の目的でリダイレクトされることを確認します。
  3. 次の Security Center ソフトウェアコンポーネントをインストールします。
    1. メインサーバー上の Security Center サーバーソフトウェア。
      メインサーバーは Directory ロールをホストするコンピューターです。
    2. (オプション) 拡張サーバー上の Security Center サーバーソフトウェア。
      拡張サーバーは Directory ロールをホストしない、システム上の他の任意のサーバーです。拡張サーバーはいつでも追加できます。
    3. 少なくとも 1 台のワークステーション上の Security Center クライアントソフトウェア
  4. パーティションのリストを用意します (存在する場合)。
    パーティションはシステムを管理可能なサブシステムに整理するために使用されます。これは特にマルチテナント環境で重要です。たとえばショッピングセンターやオフィスタワーに大規模なシステムをインストールする場合、ローカルの管理権限をテナントに付与すると良いでしょう。パーティションを使用することで、テナントをグループ化し、自らの店舗またはオフィスのコンテンツのみを表示および管理し、他のコンテンツは不可にすることができます。
  5. 既知のすべてのユーザーについて名前と責任を含めたリストを用意します。
    時間を節約するために、同じロールと責任を持つユーザーを識別し、ユーザーグループに整理します。
    注: 大規模なインストールの場合、ユーザーおよびユーザーグループはWindows Active Directory からインポートできます。
  6. 次の情報を使用して、自社の IP ネットワーク上のすべての動画設備 (動画ユニット、固定および PTZ カメラ) をインストールおよび接続します。
    • 各動画ユニットのメーカー、モデル、および IP アドレス
    • 該当する場合はログイン認証情報 (ユーザー名とパスワード)
    • 使用される通信プロトコル (HTTP または HTTPS)
    ヒント: カメラが存在するサイトマップまたはフロアープランがあると便利です。
  7. 従来の CCTV マトリックス (Omnicast のハードウェアマトリックス) に接続されたカメラがある場合、次に示すものが必要です。
    • CCTV マトリックス出力に接続された動画エンコーダーを管理するための Omnicast™ 4.x システム
    • Security Center でフェデレーションされた Omnicast™ 4.x システム

次のタスク

動画監視システムを導入します。