手動による動画ユニットの追加 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center で動画をモニタリングするには、動画ユニットを Archiver に追加する必要があります。

始める前に

追加を計画しているユニットの製造者、製品タイプ (モデルまたはシリーズ)、IP アドレス、およびログイン認証情報 (ユーザー名とパスワード) を知っている必要があります。
ヒント: ユニットの IP アドレスが不明な場合は、ユニット登録ツールを使用して確認できます。

このタスクについて

Archiver で SharpOS 11.3 またはそれ以前を実行している Sharp カメラを登録する場合、AutoVu™ 拡張設定を構成してベーシック認証を許可する必要があります。Config Tool で、Archiver の [拡張設定] タブから、Genetec™ AutoVu™ 拡張設定を選択し、[ベーシック認証を拒否] をオフにします。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加 ()] > [動画ユニット] の順にクリックします
    [手動追加] ダイアログボックスが開きます。
  3. 複数の Archiver ロールを持っている場合、[Archiver] ドロップダウンリストから、ユニット管理用のものを選択します。
  4. ユニットの製造者と製品タイプを選択します。
  5. カメラの静的な IPv4 または IPv6 の [IP アドレス] を入力します。
    ヒント: 1 つの操作で複数のユニットを追加するには、IP アドレスの範囲 () を入力します。
  6. カメラの [HTTP ポート] (デフォルト = 80) を入力します。
    注: カメラが HTTPS を使用する場合、ここでは HTTP ポート (80) を入力します。HTTPS ポートは次のステップで入力します。
  7. Archiver がユニットの接続に使用する認証情報を選択します。
    デフォルトのログイン
    この Archiver 向けに製造者の拡張設定で定義されているデフォルトのログイン認証情報を使用します。拡張設定がまだ定義されていない場合、ブランクの認証情報が使用されます。
    指定
    このユニットにより使用される指定のログイン認証情報を入力します。これは後で動画ユニット構成時に [デフォルトのログインを使用] に変更できます。
  8. 動画ユニットが HTTPS を使用するように構成されている場合、[HTTPS を使用] をオンにして、ユニットの HTTPS ポート (デフォルト = 443) を入力します。
  9. 必要に応じて他のすべての設定を完了し、[追加] をクリックします。
    製造者向け拡張設定が存在しない場合、ユーザー向けに作成されます。

    追加されるカメラが複数のストリームを使用可能なエンコーダーである場合、各ストリームはカメラ名に Camera - n という文字列が付加されて追加されます。ここで、n はストリーム番号を表します。ただ 1 つのストリームが使用可能な IP カメラの場合、カメラ名は変更されません。

    注: 製造者が 自動登録 をサポートする場合、同じ Discovery ポート を持つシステム上の他のすべてのユニットが、手動で追加されたものに加えて、自動的に同じ Archiver に追加されます。
  10. [ロールビュー] を更新するには、F5 キーを押します。

タスクの結果

新しい動画ユニットは選択された Archiver の下に追加されます。

次のタスク

必要に応じて、動画ユニットの構成タブからデフォルトの設定を変更します。

動画ユニットの追加で問題が発生する場合は、問題をトラブルシューティングすることができます。