バッジテンプレートの設計 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

認証情報カード向けにカスタマイズされた印刷テンプレートを使用するために、要件に合わせて新しいバッジテンプレートを設計できます。

このタスクについて

バッジテンプレートは Security Center 内のバッジ・テンプレート・エンティティによって表され、構成データベースからのフィールドを含めて、各カード上に正しい名前、カード所有者の写真などを表示できます。

たとえば、会社ロゴ、背景画像、従業員の写真、またはカスタムの色を追加して、アクセス・コントロール・カード上に印刷できます。

手順

  1. [アクセスコントロール] タスクを開き、[バッジテンプレート] ビューをクリックします。
  2. [バッジテンプレート] () をクリックします。
  3. エンティティリストに表示される新しいバッジテンプレートの名前を入力し、ENTER キーを押します。
  4. [ID] タブで、バッジテンプレートの説明を入力します。
  5. [関係] セクションで、バッジテンプレートを配置するパーティションを選択します。
    パーティションはどの Security Center ユーザーがこのエンティティへのアクセスを持っているかを判別します。パーティションに対するアクセス権限が付与されているユーザーにのみ、バッジテンプレートが可視になります。
  6. [適用] をクリックします。
  7. [バッジデザイナー] タブをクリックします。
  8. 印刷するアクセス・コントロール・カードのサイズを選択するには、[プロパティ] () をクリックします。
  9. [形式] ダイアログボックスで、カードのサイズと向きを選択します。
    • カスタムのカードサイズを作成するには、[] をクリックし、カードの名前、幅、および長さを入力して、[OK] をクリックします。
  10. [OK] をクリックします。

    カードのサイズと形式を選択したら、実際の印刷テンプレートを設計できます。

  11. [ツール] セクションで、ツールを選択し、使用するテンプレートをクリックします。
    次の 6 個のグラフィカルツールを使用してテンプレートを編集できます。
    選択ツール
    テンプレート上のオブジェクトをクリックして選択する場合に使用します。
    四角形ツール
    テンプレート上で正方形/四角形を描画する場合に使用します。
    楕円ツール
    テンプレート上で円/楕円形を描画する場合に使用します。
    テキストツール
    テンプレート上でテキストを挿入する場合に使用します。静的なテキストを入力したり、などの動的なカード所有者および認証情報テキストフィールドを追加したりできます。
    画像ツール
    テンプレート上で画像を挿入する場合に使用します。カード用にカード所有者の写真や背景画像などを挿入できます。
    バーコードツール
    テンプレート上でバーコードを挿入する場合に使用します。
  12. テンプレートに画像を追加した場合、画像を選択し、[画像] および [色と縁] ウィジェットのオプションを使用して編集します。
    [画像] ウィジェットで、画像の [ソース] としてカード所有者の写真またはファイルに含まれている画像のどちらを使用するかを選択できます。また、画像を拡大するかどうかを選択することもできます。
    カード所有者の写真
    印刷するカード所有者の認証情報によって異なる、動的なカード所有者の写真。この画像フィールドは構成データベース内のカード所有者写真の値にリンクされます。
    ヒント: カード所有者の写真がクロマ・キー・スクリーンの前で撮影された場合、写真の背景を透明にすることができます。これは背景内に画像があるバッジテンプレートを作成する場合に便利です。
    ファイル
    ファイルから選択された静的な画像です。
    [色と縁] ウィジェットで、次のツールを使用できます。
    塗りつぶし
    挿入されたオブジェクト (正方形や楕円形など) を塗りつぶす色を変更する場合に使用します。
    挿入されたオブジェクトの縁の色を変更する場合に使用します。
    不透明度
    挿入されたオブジェクトの不透明度を変更する場合に使用します。
    縁の太さ
    挿入されたオブジェクトの縁の太さを変更する場合に使用します。
  13. テンプレートにテキストを追加した場合、テキストを選択し、[テキスト] ウィジェットのオプションを使用して編集します。

    テキストフィールドを右クリックし、[Z 順序]、テキストの []、[フォント]、[]、および [配置] を選択します。

    [テキスト] ウィジェットで、次のツールを使用できます。

    • [フィールドの追加] () をクリックし、動的なカード所有者または認証情報フィールドを追加します。静的なテキストを動的なフィールドと混在させることができます。
    • [塗りつぶし] をクリックし、テキストの色を設定します。
    • [左揃え]、[中央揃え]、または [右揃え] をクリックし、テキストの配置を設定します。
    • [長すぎる場合は折り返す] をクリックし、テキストの折り返しをオンにします。

      テキストの折り返しがオンの場合、テキストがテキストボックスの内側に収めるのに長すぎると、システムはフォトサイズを変更せずに折り返します。テキストの折り返しがオフの場合、フォントサイズを変更して、テキストをテキストボックスの内側に収めます。

  14. テンプレートにバーコードを追加した場合、バーコードを右クリックし、[プロパティ] をクリックして編集します。バーコード上のデータは静的にするか、動的な認証情報プロパティを使用できます。
  15. [サイズと位置] セクションで、バッジ上のテキスト、画像、またはバーコードの位置と幅および高さを選択します。
  16. [適用] をクリックします。

オブジェクトがすでに挿入されているサンプルのバッジテンプレートを示します。

  • 2 つの異なる画像が挿入されています。1 つは動的で、もう 1 つは静的です。
    • 動的なカード所有者の写真はカードの前面に表示されます。
    • 静的な画像はカードの背面に表示されます。すべてのカードに表示されるのは会社ロゴです。
  • 3 つの動的なテキストフィールドが挿入されています。
    • [{Firstname} {lastname}] はカードの前面に表示されます。印刷されるテキストは構成データベースから取得され、名、(スペース)、姓が表示されます。テキストは中央揃えで、テキストの折り返しはオンです。
    • [{Firstname} {lastname}] はカードの背面に表示されます。これは前面の名前フィールドと同じですが、フォントサイズは小さく、テキストの折り返しはオフです。
    • [{Cardholder.Department}] カード所有者エンティティ用に作成されたカスタムフィールド
  • 動的なデータを含むバーコードが挿入されています。バーコードタイプ Code 39 を使用して認証情報名を表示します。