管理タスクでのコンテキスト依存コマンド - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

管理タスクのタスクワークスペースの下部に、ブラウザーで選択したエンティティに関連するコマンドが表示されます。

次の表に、コンテキスト依存コマンドのすべてを記載します。

アイコン コマンド 適用対象 説明
ロールを有効化 すべてのロール 選択したロールを有効化します。
カード所有者を追加 アクセスルール、カード所有者グループ カード所有者を作成して、選択したエンティティに割り当てます。
認証情報を追加 カード所有者 認証情報を作成して、選択したカード所有者に追加します。
エンティティを追加 すべてのエンティティ エンティティを作成します。
新しいドアに割り当て アクセス・コントロール・ユニット ドアを作成して、選択したアクセス・コントロール・ユニットに割り当てます。
監査証跡 すべてのエンティティ 選択したエンティティの監査証跡タスクを作成します。このタスクを使用して、システム上で変更を行ったユーザーを調べます。
競合解決 Active Directory ロール Active Directory の競合解決ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、エンティティのインポートによって発生した競合を解決します。
構成コピーツール すべてのエンティティ 構成コピーツールを開きます。
アクセスルールを作成 エリア、ドア、エレベーター アクセスルールを作成して、選択したエンティティに割り当てます。
ロールを無効化 すべてのロール 選択したロールを無効化します。
削除 すべてのエンティティ 選択したエンティティをシステムから削除します。検出されたエンティティを削除できるのは、そのエンティティが無効になっている場合のみです。
診断 すべてのロール、一部のエンティティ 選択したロールまたはエンティティの診断を行います。
サポートログを無効化 Access Manager、アクセス・コントロール・ユニット Genetec™ テクニカルサポートから要請された場合、サポートログを無効化します。
サポートログを有効化 Access Manager、アクセス・コントロール・ユニット Genetec™ テクニカルサポートから要請された場合、サポートログを有効化します。
正常性統計 ロール、物理デバイス 選択したエンティティの正常性統計タスクを作成します。このタスクを使用して、エンティティの正常性の状態と可用性を確認します。
識別 動画ユニット 選択したユニットの LED を点滅させて、ラック上でそのユニットを見つけられるようにします。
ライブ動画 カメラ 選択したカメラのライブ動画を表示するダイアログボックスを開きます。
メンテナンスモード ロール、物理デバイス ロールまたは物理デバイスの停止時間が Health Monitor による可用性の計算に影響しないよう、ロール/物理デバイスをメンテナンスモードに設定します。
ユニットを移動 動画ユニット、アクセス・コントロール・ユニット ユニット移動ツールを開きます。このツールを使用して、ユニットを Manager 間で移動できます。
ping

動画ユニット

動画ユニットに対して ping を実行し、そのユニットと通信できるかどうかを確認します。このコマンドはトラブルシューティングに役立ちます。
バッジを印刷 カード所有者、認証情報 バッジテンプレートを選択して、選択したカード所有者または認証情報のバッジを印刷します。
再起動 動画ユニット、アクセス・コントロール・ユニット 選択したユニットを再起動します。
再接続 動画ユニット 選択した動画ユニットを Archiver から削除して再び追加します。
マクロを実行 マクロ 選択したマクロを実行します。
アラームをトリガー アラーム 選択したアラームをトリガーして Security Desk で確認できるようにします。
ユニット登録ツール 動画ユニット、アクセス・コントロール・ユニット ユニット登録ツールを開きます。このツールを使用して、ユニットをネットワークに接続するための IP を確認できます。
ユニットのウェブページ 動画ユニット ブラウザーを開き、ユニットでホストされているウェブページを使用してそのユニットを構成します。