昼夜両対応スケジュールの定義 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

日の出と日没の正確な時刻の計算が地理的な位置 (緯度および経度) に基づく、日中または夜間のどちらかをカバーする状況の時間制限のセットを定義するために、昼夜両対応スケジュールを定義できます。

このタスクについて

昼夜両対応スケジュールは、日光が動画設定や動画録画などのシステムの操作に影響を与える状況向けに設計されます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[スケジュール] ビューをクリックします。
  2. [スケジュール] () をクリックし、スケジュールの名前を入力して、ENTER キーを押します。
  3. [ID] タブで、スケジュールの基本的なプロパティを入力して、[適用] をクリックします。
  4. [プロパティ] タブをクリックします。
  5. [日付カバレッジ] ドロップダウンリストから、[日次]、[指定]、または [順次] を選択します。
  6. [指定] または [順次] を選択した場合、日付カバレッジをセットアップします。
  7. [時間カバレッジ] ドロップダウンリストから、[日中] または [夜間] を選択します。
  8. [日の出] または [日没] オプションを選択し、日の出時刻または日没時刻をオフセットする時間の長さを選択します (前後最大 2 時間)。

次の例は日中カバレッジを使用する日次スケジュールを示します。時間カバレッジは日の出の 10 分後に開始し、日没の 10 分前に終了します。