アクセスルールによって影響を受けるエンティティの識別 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセスルール構成レポートを使用して、特定のアクセスルールによって影響を受けるエンティティとアクセスポイントを特定できます。

このタスクについて

レポート結果ではカード所有者、ドア、関連スケジュールといった、アクセスルールのメンバーを確認できます。これはエンティティの追加または削除やスケジュールの調整が必要かどうかを判断するのに役立ちます。

手順

  1. [アクセスルール構成] タスクを開きます。
  2. レポートのクエリフィルターを設定します。次の中から 1 つ以上を選択します。
    アクセスルール
    調査するアクセスルールを選択します。
    カード所有者のステータス
    調査するカード所有者のステータス (有効、有効期限切れ、無効) を選択します。
    カスタムフィールド
    エンティティに事前定義されたカスタムフィールドを基準に検索を絞り込みます。このフィルターが表示されるのは、エンティティにカスタムフィールドが定義されていて、定義済みのカスタムフィールドが作成時または最終構成時に可視に設定された場合のみです。
  3. [カード所有者グループを展開] オプションで、[有効化] を選択し、影響を受けるカード所有者グループそのものではなく、カード所有者グループのメンバーをレポートに表示します。
  4. [周囲エンティティを含める] オプションで、[有効化] を選択し、影響を受けるエリアの周囲エンティティをレポートに含めます。
  5. [レポートを生成] をクリックします。

    このアクセスルールによって影響を受けるエンティティとアクセスポイントがレポートパネルに表示されます。