脅威レベルのシナリオ: 火災 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

脅威レベルを作成するシナリオの 1 つに、火災のケースがあります。

火災が発生した場合に、システムの対応として実行するアクションは次のとおりです。
  • 火災報知器を鳴らします。
    注: これは 1 つの例です。推奨される方法ではありません。
  • 人を避難させるため、すべてのドアをロック解除します。
    注: これは 1 つの例です。推奨される方法ではありません。
  • 優先度の高いユーザーが現在の脅威を管理できるように、優先度の低いユーザーをログオフさせてリソース (特にネットワーク帯域幅) を解放します。
  • 避難プロセス全体を高い動画品質で、プロセスが続く限り録画します。

火災に対応するための脅威レベルは、次のように構成できます。

オペレーターがこの脅威レベルを設定すると、次のアクションがシステムによって実行されます。
出力をトリガー
出力の挙動 [火災報知器] を出力リレー [建物出口 - 出力-1] に (非常ベルが接続されているという前提で) 送信し、火災報知器を鳴らします。
ドアメンテナンスモードを設定
脅威レベルが設定されたエリア内のすべてのドアをメンテナンスモードに設定し、実質的にすべてのドアを無期限でロック解除します。この方法は、ドアを数秒間しかロック解除できない ドアを明示的にロック解除 アクションを使用するよりも適切です。
最小ユーザーレベルの設定
ユーザーレベルが 1 より低いすべてのユーザー (基本的に管理者以外のすべてのユーザー) を直ちにログオフさせ、各ユーザーに自分の席からすぐに離れるように促すとともに、ネットワーク上の不要なアクティビティをすべて停止し、管理者ができるだけ多くの帯域幅を自由に使用して状況に対応できるようにします。
注: このアクションは、脅威レベルがシステムレベルで設定された場合にのみ実行されます。火災が 1 つのエリアに限定されている場合、システムからすべてのユーザーをログオフさせる必要はありません。
イベント録画品質でオーバーライド
脅威レベルが設定されたエリア内のすべてのカメラの録画品質をイベント録画品質に引き上げます。
録画を開始
脅威レベルが設定されたエリア内のすべてのカメラの録画を開始し、無期限で、または 録画を停止 コマンドが発行されるまで実行します。
オペレーターがこの脅威レベルをクリアすると、次のアクションがシステムによって実行されます。
出力をトリガー
出力の挙動 [通常] を出力リレー [建物出口 - 出力-1] に送信して、火災報知器を停止します。
ドアメンテナンスモードを設定
脅威レベルが設定されたエリア内のすべてのドアでメンテナンスモードをオフにします。これにより、実質的にすべてのドアが通常の挙動に戻ります。
最小ユーザーレベルの設定
最小ユーザーレベルを 254 (最小値) にリセットして、すべてのユーザーが再びログオンできるようにします。
標準構成としての録画品質
脅威レベルが設定されたエリア内のすべてのカメラの録画品質をイベント録画品質に引き上げます。
録画を停止
脅威レベルが設定されたエリア内のすべてのカメラの録画を停止します。継続的な録画スケジュールに基づいて実行されているカメラの録画は、このアクションによって停止しません。