侵入パネル統合 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

侵入パネル (アラームパネルコントロールパネルとも呼ばれる) は、Intrusion Manager ロールを使用して Security Center に統合できます。これにより、各ゾーン (センサーのグループ) をリアルタイムでモニターし、詳しいアクティビティレポートを生成し、Security Desk の侵入パネルで定義されたゾーン (パーティション) を監視および監視解除できるようになります。

Security Center は、Bosch、DSC PowerSeries、Honeywell、DMP など、多くのメーカーの侵入システムをサポートします。サポートされているメーカーと各メーカー用の統合ガイドのリストについては、Genetec™ TechDoc Hubの「Security Center でサポートされているアドオン」の「侵入検出」セクションを参照してください。

侵入パネル統合のしくみ

Intrusion Manager ロールは、IP ネットワークまたはシリアル接続を介してパネルからイベントを受信し、Security Desk にリアルタイムでイベントを報告し、その後の報告のためにイベントをデータベースに記録します。また、ユーザーコマンド (侵入検出エリアの監視や監視解除など) をパネルに中継し、イベントに対するアクションを使用してパネルに接続された出力をトリガーします (たとえば、Security Center侵入検出エリアがマスター監視対象になりました イベントによってパネル上の出力をトリガーできます)。

Security Desk での侵入検出ユニットの操作