カメラ設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

最適なパフォーマンスを得るために、Security Center に動画ユニットが追加された後で、カメラ設定を構成します。

このタスクについて

Security Center はデフォルトの設定を提供しますが、最適な結果を得るために各エンティティの構成を検討することを推奨します。
注: フェデレーションカメラに関して、[ID] タブおよび [ビジュアル追跡] の設定のみが構成可能です。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. 構成するカメラを選択します。
  3. エンコーダーが生成する動画ストリームを構成します。
  4. カメラに関する特定録画設定を構成します。
    カメラに関する特定の設定を構成しない場合、それを制御するアーカイブロール (Archiver および Auxiliary Archiver) の録画設定に従います。
    注: カメラがアーカイブ転送に関して構成されている場合、録画はそのウェブページを使用してのみ構成可能です。
  5. カメラに関するモーション検出設定を構成します。
  6. (オプション) カメラに関するプライバシー保護設定を構成します。
    注: [プライバシー保護] タブはプライバシー保護ライセンスを所有している場合にのみ表示されます。
  7. 1 日の異なる時間帯を説明するために、カメラの動画属性を調整します (明るさ、コントラスト、色彩、彩度)。
  8. ユーザーが Security Desk タイル内のカメラをクリックすることで、隣接するカメラに切り替えることができるように、ビジュアル追跡を構成します。
  9. [ハードウェア] タブをクリックして、内蔵されていないハードウェアデバイスをカメラに関連付けます。
    PTZ モーター
    PTZ モーターを構成します。
    マイク
    [マイク] ドロップダウンリストから、マイクを選択します。
    スピーカー
    [スピーカー] ドロップダウンリストから、スピーカーを選択します。
    画像のローテーション
    カメラが逆さにマウントされているか、90°の角度でマウントされている場合は、この設定を使用して画像の向きを修正します。この場合、カメラの機能を使用して画像のローテーションが行われます。
    • この機能は、カメラハードウェアでローテーションをサポートしている場合にのみ有効です。
    • ローテーションのオプションは、カメラのモデルによって異なります。
    • 画像のローテーション機能は、動画フレームレートに悪影響を与えないのであれば、動画のローテーションを使用するよりも適切です。
    動画のローテーション
    カメラが逆さにマウントされているか、90°の角度でマウントされている場合は、この設定を使用して画像の向きを修正します。この場合、Security Center を使用して動画のローテーションが行われます。
    • 動画のローテーションを使用すると、クライアントワークステーションに余分の負荷がかかるため、カメラで使用可能な場合は画像のローテーションの方が適切です。
    • PTZ カメラやパノモーフ (魚眼) レンズを使用するカメラには、この機能は使用できません。
  10. カメラに交換可能なレンズが含まれる場合、正しいレンズタイプを選択してください。
  11. [適用] をクリックします。
  12. 構成した動画設定をテストします。

次のタスク

タイプが同じ場合、このカメラで構成した設定を別のカメラにコピーできます。