モーション検出ゾーンの定義 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

モーションが意味を持つ動画画像のエリアを定義するために、画像上にモーション検出ゾーンつまりブロックを描画できます。

手順

  1. [動画] タスクを開きます。
  2. 構成するカメラを選択し、[モーション検出] タブをクリックします。
  3. [モーション検出ゾーン 1] で、次のツールを使用してモーション検出ゾーンを定義します。
    ヒント: 窓またはドアの近くに配置されたカメラの場合、モーション検出ゾーンがその重要なエリアをカバーすることを確認します。
    • モーション検出ブロックで画像全体をカバーするには、塗りつぶし () ツールを使用します。
    • モーション検出ブロックのグループを描画するには、四角形 () ツールを使用します。
    • 単一のモーション検出ブロックを描画するには、ペン () ツールを使用します。
    • モーション検出ブロックを持つエリアと選択されたブロックがないエリアを反転させるには、反転 () ツールを使用します。
    • 画像内ですべてのモーション検出ブロックを消去するには、すべてクリア () ツールを使用します。
    • 不要なモーション検出ブロックを消去するには、消去 () ツールを使用します。
  4. 誤ったモーション読み取りが生成されないように、モーションが通常発生するブロックを削除するには、[学習目標モード] () をクリックします。

    このオプションは動画画像の表示内容が通常通りである場合にのみ使用してください。通常は画像中に多数のモーションがあり、深夜に学習モードを使用する場合は役立ちません。

    モーションが通常発生する影響エリアはオフになります。

  5. 必要に応じて、付加的なモーション検出ゾーンを画像に追加します。
  6. [適用] をクリックします。