マクロの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center で実行可能なマクロを作成するには、外部のテキストエディターまたは Config Tool のテキストエディターを使用して C# プログラムを書き、そのプログラムを Security Center に読み込む必要があります。

このタスクについて

Security Center はエラーを含むマクロが保存されるのを防ぎます。マクロにエラーがある場合、タブを変更すると、直前のエラーなしバージョンにロールバックされます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[マクロ] ビューをクリックします。
  2. [マクロ] () をクリックし、マクロ名を入力します。
  3. [プロパティ] タブをクリックし、次のいずれかの操作を実行します。
    • ファイルからソースコードをインポートするには、[ファイルからインポート] をクリックし、C# コードを含むファイルを選択して、[開く] をクリックします。
    • [プロパティ] タブで独自のプログラムを書きます。
  4. [適用] をクリックします。
  5. プログラムに入力パラメーターを追加した場合、[デフォルトの実行コンテキスト] タブをクリックし、設定を構成します。
  6. [適用] をクリックします。