アクセス・コントロール・ユニットのファイアウォールとプラットフォームをアップグレードする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

1 つ以上のアクセス・コントロール・ユニットとそのユニットに接続されているインターフェイスモジュールのファームウェアまたはメンテナンス更新プログラムを、Config Tool から直接アップグレードできます。プラットフォームバージョンで、更新プログラム (セキュリティフィックスと更新を定期的にリリースする Cumulative security rollup など) が参照されています。

始める前に

アクセス・コントロール・ユニットをアップグレードするには、次の作業を行う必要があります。
  • アップグレードするユニットのアップグレードパスを確認します。
  • アップグレードプロセス中に停電が発生した場合に備え、Power over Ethernet (PoE) ユニットにバッテリバックアップが組み込まれていることを確認します。
  • ユニットのサポート対象ファームウェアバージョンまたは Cumulative security rollup を GTAP からダウンロードします。

    HID EVO ファームウェアのダウンロードリンクについては、Genetec™ TechDoc Hub に掲載されている EVO ユニットの HID ファームウェアアップグレード手順を参照してください。

  • HID EVO ユニットの場合、Config Tool のユニットのプロパティで管理パスワードが設定されていることを確認します。

手順

  1. Config Tool で、アップグレードするユニットのハードウェア・インベントリ・レポートを生成します。
  2. アップグレードするユニットを選択します。
    [推奨] フィールドに、推奨されるファームウェアバージョンが表示されます。使用中のファームウェアバージョンが推奨されるバージョンと同じ場合は、[最新状態] と表示されます。
  3. [アップグレード] () をクリックし、次の 2 つのオプションのいずれかを選択します。
    • ファームウェアをアップグレードする場合は、[ファームウェアをアップグレードする] を選択します。
    • Cumulative security rollup をインストールする場合は、[プラットフォームのアップグレード] を選択します。
    注: [アップグレード] ボタンが表示されない場合は、選択したユニットのすべてが同じ製品タイプであること、必要なユーザー権限として [アクセス・コントロール・ユニットのファームウェアアップグレードの開始] 権限と [ユニット検出ツール] 権限を持っていることを確認してください。
  4. ファイルブラウザーで、GTAP からダウンロードしたファームウェアまたは Cumulative security rollup ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  5. (任意) コントローラーに接続されたインターフェイスモジュールのファームウェアをアップグレードする場合は、[接続されたインターフェイス モジュールのファームウェアをアップグレード] を選択します。
    注: HID Edge EVO または HID VertX EVO V2000 コントローラーをアップグレードする場合は、この設定を選択することをお勧めします。VertX EVO V1000 (インターフェイスあたり最大 3 分)、Synergis™ Cloud LinkSynergis™ Master Controller ユニットの場合、この設定を選択するかどうかは任意です。
  6. (任意) アップグレードに遅延時間を設ける場合、[詳細] をクリックし、[アップグレードを次の時間まで延期する] を選択して、アップグレードの日時を入力します。
  7. [アップグレード] をクリックします。
    注: 個々のユニットをアップグレードすることもできます。それには、Config Tool の [アクセスコントロール] タスクで、[ロールとユニット] ビュー内のユニットの [ID] タブを使用します。

    システムがアクセス・コントロール・ユニットのファームウェアまたはプラットフォームをアップグレードします。アップグレードが完了すると、ユニットが再起動します。

    次回レポートを生成すると、レポートの列に新しいファームウェアまたはプラットフォームのバージョンが示されます。レポートには、新しくアップグレードされたファームウェアのバージョンと同じバージョンを示す [提案されたファームウェアバージョン] 列と、[提案されたファームウェアの説明] 列もあります。[提案されたファームウェアバージョン] と [提案されたファームウェアの説明] にはオプションの列があります。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。

次のタスク

  • ユニットがオンライン状態に戻ったら、Config Tool で [ハードウェアインベントリ] レポートを再度生成し、ユニットに表示されるファームウェアまたはプラットフォームバージョンを確認します。
    注: HID EVO ユニットで、[接続されたインターフェイスモジュールのファームウェアをアップグレード] を選択した場合、インターフェイスモジュールのファームウェアアップグレードが完了するまでは、ユニットはオフライン状態のままになります。
  • アップグレードしたユニットによって制御されるすべてのドアが正常に動作することを確認します。