データベース - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

データベースは、その内容を簡単にアクセス、管理、更新できるように編成されたデータのコレクションです。

Security Center でのデータベースホスティングのしくみ

デフォルトでは、あるロールのデータベースはそのロールをホストしている同じサーバーでホストされます。これは、ロールの [リソース] タブの [データベースサーバー] フィールドに、(local)\SQLEXPRESS (「(local)」はロールが実行されているサーバー) という値で表示されます。

ロールをホストするサーバーを変更するか、フェールオーバー用のセカンダリサーバーを追加する場合は、データベースを別のコンピューターでホストする必要があります。

また、データベースサーバーをホストするコンピューターは、バックアップと復元の手法を使用して Directory データベースのフェールオーバーを構成しない限り、Security Center サーバー (つまり、Genetec Server サービスがインストールされているコンピューター) である必要はありません。

SQL Server によるメモリの使用方法

ライセンス付与された SQL Server エディション (SQL Server Standard、SQL Server Business Intelligence、SQL Server Enterprise など) を使用する場合は、Security Center のすべてのデータベースが Microsoft SQL Server によって管理されることにご注意ください。デフォルトでは、SQL Server はシステム上で使用可能なメモリを最大限まで使用するよう構成されます。このため、SQL Server と多くのロールを同じサーバー (特に、メモリリソースが少ない仮想マシン) でホストすると、メモリに関する問題が発生する可能性があります。いずれかのサーバーでメモリー不足が発生した場合は、SQL Server で使用できるメモリの上限を設定することで問題を解決できます。