アクションタイプ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center のすべてのアクションは、アクションの影響を受けるメインエンティティであるターゲットエンティティに関連付けられています。追加のパラメーターは [説明] 列に示されます。アクションが有効になるようにすべてのパラメーターを構成する必要があります。

アクション 説明
ブックマークを追加 カメラの録画にブックマークを追加します。
カメラ
カメラを選択します。
メッセージ
ブックマークのテキスト
侵入検出エリアを監視 侵入検出エリアを監視します。
侵入検出エリア
侵入検出エリアを選択します。
マスター
選択した侵入検知エリア内のすべてのセンサーを監視します。どのセンサーも、有効化されたときにアラームをトリガーできます。
周囲
周囲に配置するように指定されたセンサーのみを監視します。エリア内部のセンサー (モーション検出器など) のアクティビティは無視されます。
即時
エリアを直ちに監視します。
遅延
遅延時間の経過後にエリアを監視します。遅延時間を指定しなかった場合は、パネルのデフォルトが使用されます。
監視モード
通常
侵入検出エリアを通常通り監視します。アクティブなセンサーや問題のあるセンサーを含むエリアは、監視解除されたままになります。
強制
通常の監視を行う準備ができていないエリアでは、このオプションを使用してエリアを強制的に監視できます。アクティブなセンサーや問題のあるセンサーは、監視シーケンスで一時的に無視されます。無視されたセンサーが監視中に通常の状態に戻った場合は、その後のアクティビティによってアラームがトリガーされます。
バイパス
通常の監視を行う準備ができていないエリアでは、このオプションを使用して、エリアを監視する前にアクティブなセンサーや問題のあるセンサーを自動的にバイパスできます。エリアの監視中も、センサーはバイパスされたままになります。エリアを監視解除すると、バイパスも解除されます。
ゾーンを監視 仮想ゾーンを監視します。
ゾーン
仮想ゾーンを選択します。
動画をブロック/ブロック解除 システム内の他のユーザーからカメラをブロックまたはブロック解除します。
ブロック/ブロック解除
このアクションでカメラのブロックとブロック解除のどちらを行うかを選択します。
カメラ
カメラを選択します。
終了
動画をブロックする期間を選択します。
期間
選択した期間だけ動画がユーザーからブロックされます。
無期限
手動でブロック解除するまで動画がユーザーからブロックされます。
ユーザーレベル
最小ユーザーレベルを選択します。選択したレベルより低いユーザーレベルのすべてのユーザーに対して、動画の表示がブロックされます。
侵入検出エリアの監視延期をキャンセル 侵入検出エリアの監視延期をキャンセルします。
侵入検出エリア
侵入検出エリアを選択します。
タスクをクリア 指定した Security Desk モニターのタスクリストをクリアします。
ターゲット
次のいずれかを選択します。
ユーザー
指定したユーザー名に接続された、すべての Security Desk アプリケーションのすべてのモニター
モニター
マシン名とマシン ID で識別される特定の Security Desk モニター
侵入検出エリアを監視解除 侵入検出エリアを監視解除します。
侵入検出エリア
侵入検出エリアを選択します。
ゾーンを監視解除 仮想ゾーンを監視解除します。
ゾーン
仮想ゾーンを選択します。
アナログモニターでカメラを表示 キャンバスタイルのアナログモニターにカメラを表示します。
カメラ
アナログモニターに表示するカメラを選択します。このカメラは、アナログモニターによってサポートされ、同じ動画形式を使用する必要があります。
アナログモニター
カメラを表示するアナログモニターを選択します。
Security Desk でエンティティを表示 Security Desk の選択したユーザーキャンバスに、エンティティのリスト (1 タイルに 1 エンティティ) を表示します。ユーザーが Security Desk で [モニタリング] タスクを開いていない場合、このアクションは無視されます。
受信者
ユーザーを選択します。
エンティティ
表示するエンティティのリスト。各エンティティは別個のタイルに表示されます。
表示オプション
次のいずれかを選択します。
空きタイルに表示する
空きタイルのみを使用します。
タイルに強制的に表示する
まず空きタイルに表示します。空きタイルがなくなった場合は、タイル ID の順序に従って使用中のタイルを使用します。
レポートを電子メールで送信 ユーザーリストへのメール添付として、(保存されたレポートタスクに基づく) レポートを送信します。
レポート
保存されたパブリックタスクを選択します。
受信者
レポートの送信先となるユーザーを選択します。
エクスポート形式
レポート形式 (PDFExcel のいずれか)。
スナップショットを電子メールで送信 ユーザーリストへのメール添付として、動画フィードの一連のスナップショットを送信します。
カメラ
カメラを選択します。
スナップショット
定義された反復時間の何秒前 (最大 300 秒前) または何秒後 (最大 5 秒後) にスナップショットをメールで送信するかを選択します。
受信者
スナップショットを受信するユーザーを選択します。ユーザーの設定でメールアドレスが定義されている必要があります。
エクスポート形式
使用可能な画像形式: PNG、GIF、JPEG、ビットマップ
注: スナップショットを送信するには、カメラを管理している Archiver または Auxiliary Archiver の [リソース] タブで [サムネイル要求の有効化] オプションをオンにする必要があります。
レポートをエクスポート パブリックタスクで指定されたレポートを生成し、保存します。
レポート
パブリックタスクを選択します。
エクスポート対象
データ
データをエクスポートし、エクスポート形式 (Excel、CSV、PDF) を選択します。
グラフ
関連するグラフをエクスポートし、エクスポート形式 (PNG、JPEG) を選択します。
方向
(PDF のみ) PDF ファイルを縦向きまたは横向きのどちらのモードにするかを選択します。
既存のファイルを上書き
以前に宛先フォルダーに保存されたレポートを上書きするかどうかを選択します。宛先フォルダーは Report Manager ロールのプロパティです。
アンチパスバック違反を容赦 カード所有者またはカード所有者グループに対してアンチパスバック違反を容赦します。
エンティティ
カード所有者またはカード所有者グループを選択します。
ホームへ移動 PTZ カメラに対してホーム位置に移動するコマンドを発行します。この機能をサポートしない PTZ カメラもあります。
カメラ
PTZ カメラを選択します。
プリセットへ移動 PTZ カメラに対して指定した事前設定位置に移動するコマンドを発行します。
カメラ
PTZ カメラを選択します。
事前設定
移動先の事前設定位置 (番号)
ファイルからインポート ファイルをインポートし、インポート結果をユーザーに送信します。
受信者
ユーザーを選択します。
ファイル名
データをインポートするために使用するファイルを選択できるインポート・ツール・ウィンドウが開きます。
イベント録画品質でオーバーライド 選択したカメラの [イベント録画時に品質を向上させる] を [オン] に設定し、独自の録画品質向上設定を適用します。このオプションを選択すると、イベント録画の全般設定が上書きされます。このアクションの効果は、別のアクション (標準構成としての録画品質など) によって変更されるか、Archiver が再起動するまで持続します。
カメラ
カメラを選択します。
手動録画品質でオーバーライド 選択したカメラの [手動での録画時に品質を向上させる] を [オン] に設定し、独自の録画品質向上設定を適用します。このオプションを選択すると、イベント録画の全般設定が上書きされます。このアクションの効果は、別のアクション (標準構成としての録画品質など) によって変更されるか、Archiver が再起動するまで持続します。
カメラ
カメラを選択します。
音声を再生 ユーザーまたはユーザーグループの Security Desk でサウンドバイトを再生します。このアクションは、ユーザーが Security Desk を実行していない場合は無視されます。
ユーザー、ユーザーグループ
ユーザーまたはユーザーグループを選択します。
再生するサウンド
再生するサウンドファイル (.wav)。ユーザーがサウンドバイトを聞くには、Security Desk が実行されている PC にそのサウンドファイルがインストールされている必要があります。インストール時に導入される標準のアラート・サウンド・ファイルは、C:\Program files\Genetec Security Center 5.8\Audio にあります。
侵入検出エリアの監視を延期 侵入検出エリアの監視を延期します。
監視モード
[マスター監視] または [周囲監視]
侵入検出エリア
侵入検出エリアを選択します。
延期期間
監視を延期する期間 (秒単位) を設定します。
監視遅延
監視の遅延 (秒単位) を設定します。
ユニットを再起動 ユニットを再起動します。
エンティティ
再起動する動画ユニットまたはアクセス・コントロール・ユニットを選択します。
標準構成としての録画品質 手動録画品質でオーバーライド および イベント録画品質でオーバーライド アクションの効果をキャンセルし、標準の録画構成に戻します。
カメラ
カメラを選択します。
エリアの人数カウントをリセット エリア内の人数カウントをリセットします。
エリア
エリアを選択します。
外部システムをリセット Omnicast™ Federation™ ロールをリモート Omnicast™ システムに強制的に再接続します。
ロール
Omnicast™ Federation™ ロールを選択します。
駐車ゾーンインベントリをリセット 駐車ゾーンのインベントリをゼロにリセットして、報告された駐車ゾーン収容状況を再初期化できるようにします。
マクロを実行 マクロの実行を開始します。
マクロ
マクロを選択します。
コンテキスト
コンテキスト変数の値の設定
パターンを実行 PTZ カメラに対して指定したパターンを実行するコマンドを発行します。
カメラ
PTZ カメラを選択します。
パターン
実行するパターン番号
メッセージを送信 ユーザーの Security Desk にポップアップメッセージを送信します。このアクションは、ユーザーが Security Desk を実行していない場合は無視されます。
受信者
ユーザーまたはユーザーグループを選択します。
メッセージ
ポップアップメッセージに表示するテキスト
表示タイムアウト
メッセージの表示期間を選択します。
電子メールを送信 ユーザーまたはカード所有者にメールを送信します。選択したユーザーのメールアドレスが構成され、メールサーバーが Security Center 用に適切に構成されていないと、このアクションは無視されます。
受信者
ユーザー、ユーザーグループ、カード所有者、またはカード所有者グループを選択します。
メッセージ
受信者に送信するメールテキスト
タスクを送信 Security Desk アプリケーションにパブリックタスクを送信して追加します。
タスク
送信する保存済みのパブリックタスクを選択します。
ターゲット
次のいずれかを選択します。
ユーザー
そのユーザーに接続されたすべての Security Desk
モニター
マシン名とマシン ID で識別される特定の Security Desk モニター
リーダーモードを設定 ドアにアクセスするためのリーダーモードを設定します。
ロケーション
エリア、ドア、またはエレベーターを選択します。
リーダーモード
選択したエリア、ドア、またはエレベーターで、カードと PINカードまたは PIN のどちらを使用してアクセスを許可するかを選択します。

このアクションは、この機能をサポートするドアコントローラーとリーダーでのみ機能します。

ドアメンテナンスモードを設定 ドアの [メンテナンス目的のロック解除] ステータスをオンまたはオフに設定します。
ドア
ドアを選択します。
メンテナンス
目的のメンテナンスモード: オンまたはオフ
脅威レベルを設定 Security Center システムまたは特定のエリアの脅威レベルを設定します。
エリア
脅威レベルを設定するエリアを選択します。システム全体または特定のエリアを選択できます。
脅威レベル
設定する脅威レベルを選択します。
ブザーを鳴らさない ドアに定義されたブザー出力をリセットします。このアクションは、Config Tool のドアの [ハードウェア] タブにある [ブザー] オプションを [なし] に設定します。
ドア
ドアを選択します。
ブザーを鳴らす ドアに定義されたブザー出力を設定します。ブザーのサウンドは、Config Tool のドアの [ハードウェア] タブにある [ブザー] オプションで指定します。
ドア
ドアを選択します。
動画保護の適用を開始 動画録画の削除からの保護を開始します。保護対象の動画シーケンスを保管する動画ファイルのすべてに対して、保護が適用されます。動画ファイルを部分的に保護することはできないため、保護された動画シーケンスの実際の長さは、動画ファイルの粒度に依存します。

同じ動画ファイルに複数の [動画保護の適用を開始] アクションを適用すると、最長の保護期間が維持されます。

カメラ
カメラを選択します。
保護期間
動画保護の期間
指定
保護期間 (日数) を設定します。
無限
保護期間の解除は、[アーカイブストレージの詳細] タスクを使用して手動で行う必要があります。
保護する動画の長さ
保護する動画の長さ
指定
長さ (時間数と分数) を設定します。
無限
[動画保護の適用を停止] アクションが実行されるまで、今後のすべての録画が保護されます。
録画を開始 指定したカメラの録画を開始します。カメラにアクティブな録画スケジュールが設定されていない場合、このアクションは無視されます。このアクションによって開始された録画をユーザーが手動で停止することはできません。
カメラ
カメラを選択します。
録画期間
動画録画の長さを設定します。
デフォルト
カメラに対して構成された [デフォルトの手動録画の長さ] で定義された値に従って長さを設定します。
無限
録画を停止するには、[録画を停止] アクションを使用する必要があります。
指定
録画の長さ (時間数、分数、秒数) を設定します。
転送を開始 アーカイブ転送を開始します。
転送グループ
転送を開始する転送グループを選択します。転送は、ユニットからの動画録画の取得、ある Archiver から別の Archiver へのアーカイブの複製、または指定された場所へのアーカイブのバックアップで構成されます。
動画保護の適用を停止 動画録画の削除からの保護を停止します。このアクションは、すでに保護されている動画アーカイブには影響しません。
カメラ
カメラを選択します。
停止する時間
動画保護を [今すぐ] または [指定] の期間 (時間数と分数) 後に停止するように設定します。
録画を停止 指定したカメラの録画を停止します。このアクションは、[録画を開始] アクションによって録画が開始された場合にのみ機能します。
カメラ
カメラを選択します。
停止する時間
録画を [今すぐ] または [指定] の期間 (時間数、分数、秒数) 後に停止するように設定します。
転送を停止 アーカイブ転送を停止します。
転送グループ
転送を停止する転送グループを選択します。
ロールを同期 指定したロール (Active Directory または Global Cardholder Synchronizer) の同期プロセスを開始します。
ロール
同期が必要なロールを選択します。
画像の取得
(Active Directory ロールのみ) 画像の属性も同期する場合は、このオプションを有効にします。
ロック解除スケジュールを一時的にオーバーライド 指定した期間だけ一時的にドアをロックまたはロック解除します。
ドア
ドアを選択します。
ロックモード
[ロック解除] または [ロック] を選択します。
期間
期間 (時間数または分数)
開始/終了
ドアをロック解除する日付と時間の範囲
アラームをトリガー アラームをトリガーします。アラームの構成によっては、このアクションによって追加のイベントが発生する場合があります。
アラーム
アラームを選択します。
確認条件
アラームを確認する前にトリガーされている必要があるイベントのタイプ
ユーザー確認が必要
アラームを手動で確認するか、確認条件をクリアした後にシステムで自動的にアラームを確認するかを選択します。
侵入検出アラームをトリガー 侵入検出エリアの物理的なアラームをトリガーします。
受信者タイプ:
アラームトリガーのタイプ (侵入検出エリアまたは特定のアラーム入力のいずれか)
侵入検出エリア
侵入検出エリアを選択します。
出力をトリガー ユニットの出力ピンの出力の挙動をトリガーします。たとえば、ユニット (コントローラーまたは入力/出力モジュール) の出力ピンをトリガーするアクションを構成できます。
出力リレー
出力ピン (ユニット) を選択します。
出力の挙動
トリガーする出力の挙動を選択します。
過去の読み込み一致をトリガー LPR Manager ロールをトリガーして、新しい (または更新された) ホットリストと以前にキャプチャされたナンバープレート読み取り結果を比較します。
ドアを明示的にロック解除 ドアを 5 秒間 (またはそのドアに対して構成された標準許可時間) だけ一時的にロック解除します。
ドア
ドアを選択します。
エリア周囲ドアを明示的にロック解除 エリアの周囲ドアを 5 秒間 (または周囲ドアに対して構成された標準許可時間) だけ一時的にロック解除します。
エリア
エリアを選択します。