エレベーターエンティティの物理エレベーターフロアー配線へのマッピング - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

エレベーターエンティティが機能するためには、Access Manager がエレベーターの制御方法を認識できるように、Security Center でエレベーターに対して行ったハードウェア配線を一致させる必要があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 構成するエレベーターエンティティを選択し、[フロアー] タブをクリックします。
  3. [優先ユニット] ドロップダウンリストから、エレベーター室リーダーに接続されているアクセス・コントロール・ユニットを選択します。
  4. [エレベーター室リーダー] ドロップダウンリストからリーダー入力を割り当てます。
  5. エレベーター室のリーダー設定を変更するには、[リーダー設定] () をクリックします。
    [リーダー設定] ダイアログボックスを使用して次の項目を設定できます。
    PIN 入力タイムアウト
    カードが読み取られた後の PIN の入力タイムアウトを設定します。たとえば、デフォルト (5 秒) では、すべての PIN 数字を入力するまでに 5 秒間の猶予が与えられます。
    カードと PIN を使用
    リーダーモードを [カードと PIN] に変更して、[スケジュール] ドロップダウンリストからこのモードを適用する期間を選択するには、[オン] に設定します。スケジュールされた期間外では、リーダーは [カードのみ] モードで動作します。
    注: 設定がリーダーの機能に一致することを確認します。システムはハードウェアの機能を検証できません。このタイプのリーダーをユニットの [周辺機器] タブで構成できます。
  6. [フロアー] セクションで、次のボタンを使用して、エレベーターフロアーを追加するか、構成を変更します。
    • エレベーターフロアーを追加するには、[] をクリックします。
    • 選択したエレベーターフロアーを削除するには、[] をクリックします。
    • 選択したエレベーターフロアーを上へ移動するには、[] をクリックします。
    • 選択したエレベーターフロアーを下へ移動するには、[] をクリックします。
    • 選択したエレベーターフロアーを変更するには、[] をクリックします。
    [フロアーのプロパティ] ダイアログボックスで、次の操作を実行できます。
    • フロアー名を変更します。
    • 出力リレーをそのフロアーに対応する押しボタンに割り当てます。
      [詳細] タブで構成された出力リレー設定に従って、ユニット上の適切な NO または NC リレー接点を使用します。
      注: 規制要件に従って出力リレー状態を反転させることができます。
    • (オプション) フロアー追跡用の入力を割り当てます。
    注: エレベーターコントロール専用のアクセス・コントロール・ユニットでは、ドアモニター入力を除くすべての入力をフロアー追跡に使用できます。
  7. カメラをエレベーター室および各エレベーターフロアーにリンクします。
  8. [適用] をクリックします。