外部ツールへのショートカット - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

頻繁に使用する外部のツールやアプリケーションへのショートカットを ツールページ (Security Center 内) に追加するには、ToolsMenuExtensions.xml ファイルを変更します。

このファイルは、64 ビットコンピューターでは C:\Program files (x86)\Genetec Security Center 5.8、32 ビットコンピューターでは C:\Program files\Genetec Security Center5.8 にあります。

このファイルの元の内容は次のとおりです。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<ArrayOfToolsMenuExtension xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-...>
    <ToolsMenuExtension>
    </ToolsMenuExtension>
</ArrayOfToolsMenuExtension>
各ショートカットは <ToolsMenuExtension> という XML タグによって定義されます。各 <ToolsMenuExtension> タグには、次の 4 つの XML 要素を含めることができます。
  • <Name> - ツールページに表示されるコマンド名
  • <FileName> - 実行するコマンド (実行可能ファイル)。
  • <Icon> - (オプション) 代替アイコンのファイル (.ico)。この要素は、実行可能ファイルから抽出されるデフォルトアイコンを上書きするために使用します。
  • <Arguments> - (オプション) コマンドライン引数 (適用できる場合)。

すべての XML タグ名は大文字と小文字が区別されます。この XML ファイルは任意のテキストエディターで編集できます。このファイルへの変更は、次回 Security Desk を起動したときに有効になります。

注: <FileName> タグにフルパスが指定されていない場合、アプリケーションは実行可能ファイルに関連付けられているアイコンを抽出できません。この場合は、<Icon> タグにアイコンを明示的に指定してください。
次のサンプルファイルによって、3 つのショートカット (メモ帳電卓ペイント) が ツールページに追加されます。メモ帳のショートカットは、クリックしたときに C:\SafetyProcedures.txt ファイルを開くように構成されています。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<ArrayOfToolsMenuExtension xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-...>
    <ToolsMenuExtension>
        <Name>Notepad</Name>
        <FileName>c:\windows\notepad.exe</FileName>
        <Arguments>c:\SafetyProcedures.txt</Arguments>
    </ToolsMenuExtension>
    <ToolsMenuExtension>
        <Name>Calculator</Name>
        <FileName>c:\windows\system32\calc.exe</FileName>
    </ToolsMenuExtension>
    <ToolsMenuExtension>
        <Name>Paint</Name>
        <FileName>c:\windows\system32\mspaint.exe</FileName>
    </ToolsMenuExtension>
</ArrayOfToolsMenuExtension>