Archiver フェールオーバーの発生後に動画アーカイブを統合する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

1 次 Archiver サーバーがオフラインになってフェールオーバーが発生した場合、サーバーの再起動後に、オフラインになっていた期間の動画アーカイブを統合できます。それには、アーカイブ統合 機能を使用して、2 次または 3 次 Archiver の動画を 1 次 Archiver 上で複製します。

このタスクについて

デフォルトでは、1 次 Archiver サーバーが 2 次または 3 次サーバーから統合できる動画アーカイブを 1 時間間隔でチェックします。アーカイブ統合は、Archiver が制御するすべてのカメラに対して行われます。

アーカイブ統合が有効にされている場合、1 次 Archiver サーバーを変更すると、新しい 1 次サーバーのタイムラインで欠落しているアーカイブが、2 次サーバーと 3 次サーバーからコピーされます (アーカイブが使用可能な場合)。

手順

  1. Config Tool ホームページから [動画] タスクを開いて、[ロールとユニット] ビューをクリックし、Archiver を選択します。
  2. [リソース] タブをクリックし、[高度な設定] をクリックします。
  3. [高度な設定] ダイアログボックスで、[アーカイブの統合を有効にする] オプションを [オン] に切り替えます。

  4. [OK] > [適用]の順にクリックします。
    アーカイブ統合機能が有効になり、デフォルトの統合転送グループ が作成されます。1 次 Archiver サーバーで障害が発生してサーバーが再起動されると、1 時間ごとに動画アーカイブが 2 次サーバーから転送されて (アーカイブが使用可能な場合)、ギャップが埋められます。
  5. (任意) デフォルト統合転送グループ とその転送設定が Config Tool に表示されるようにするには、次の手順に従います。
    1. Security Center のインストールフォルダー内にある GeneralSettings.gconfig ファイルを開きます。
      デフォルトの場所は、64 ビット版コンピューター上では C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.8、32 ビット版コンピューター上では C:\Program Files\Genetec Security Center 5.8 です。
    2. 次のコード行を追加します。
      <archiveTransfer ViewArchiveConsolidationTransfer="true" />
    3. ファイルを保存します。
    これで、Config Tool の [動画] タスクで [アーカイブ転送] ページからデフォルトの統合転送グループ を確認できるようになります。
  6. (任意) 動画転送設定を変更するには、次の手順に従います。
    1. [動画] タスクを開き、[アーカイブ転送] ビューをクリックします。
    2. デフォルト総合転送グループ をダブルクリックします。
    3. [転送グループのプロパティ] ダイアログボックスで、[名前] フィールドにグループの新しい名前を入力します。

    4. [反復] オプションで、転送を行う頻度を選択します。
    5. [同時転送を許可する] オプションで、同時に動画を転送する場合の転送元カメラの数を選択します。
    6. [保存] をクリックします。