プライバシー保護出力ストリーム設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

プライバシー保護出力ストリーム設定をカスタマイズして、プライバシー保護リソース使用を制御できます。

このタスクについて

出力ストリーム設定を変更すると、ストレージの消費に影響を及ぼします。

手順

  1. カメラの [プライバシー保護] タブで、[出力ストリーム設定の表示] をクリックします。
  2. [出力ストリーム設定] セクションで、必要に応じて次の項目を入力または選択します。
    エンコーディング
    プライバシー保護ストリームをエンコードするために使用するコーデック。
    最大解像度
    エンコードされたストリームの最大解像度を設定します。
    キーフレーム間隔
    2 つのキーフレームの間のキーフレーム間隔を秒数で設定します。1 - 20 秒の範囲で値を指定できます。
    フレームレート
    1 秒あたりの最大フレーム 数 (fps) を設定します。1 - 30 fps の範囲でフレームレートを指定できます。
    ビットレート
    [優先度] フィールで選択した設定に応じて、画像のターゲット品質または最大ビットレートを設定します。元のフレームの解像度またはフレームレートが低い場合は、値を小さくします。
    優先度
    次のいずれかを選択します。
    画像品質
    ビットレートを犠牲にして画像品質を維持します。
    固定ビットレート
    画像品質を犠牲にしてビットレートを維持します。
  3. [適用] をクリックします。