固定 AutoVu™ システムの導入 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

さまざな LPR 機能を Security Center に統合するために、固定 AutoVu™ システムを導入できます。

始める前に

構成済みのステップを実行します。

このタスクについて

ここでは一般的な固定 AutoVu™ 導入のセットアップ方法に関する情報を説明します。具体的なインストール要件に応じてプロセスが異なる場合があります。
注: インストール時に事前に構成された設定はこのタスクには示されません。たとえば、Security Center をインストールする場合、LPR Manager ルートフォルダーがコンピューターの C:\Genetec\AutoVu\RootFolder に自動的に作成されます。

手順

  1. Sharp Portal にログオンし、固定 AutoVu™ システム向けに Sharp を構成します。
    Sharp Portal へのログオンの詳細については、 を参照してください。
  2. Security Center が固定 Sharp ユニットを検出して通信できるように、LPR Manager を構成します。
  3. Archiver を LPR Manager にリンクし、読み取り結果とヒットに関連付けられた LPR 画像 (全体像カメラ、LPR カメラ、車輪撮像カメラによってキャプチャされた画像) を保存します。
    注: LPR 処理ユニットの入力/出力制御が要求される SharpX インストール向けの Archiver に、LPR 処理ユニットを登録する必要もあります。
  4. LPR Manager サーバーおよびデータベース設定を構成します。
    注: LPR Manager の セカンダリサーバー として動作する付加的なサーバーを追加してフェールオーバーをセットアップすることもできます。詳細については、ロールフェールオーバーのセットアップ を参照してください。
  5. 固定導入でホストリストを使用する場合、ホットリストエンティティを作成および構成し、ホットリスト照合をオンにします。
  6. アクセス・コントロール・ソリューションとして AutoVu™ を使用する場合、Sharp カメラを構成して駐車エリアまたはその他の施設へのアクセスを許可または拒否します。
  7. Sharp のロケーションおよびタイムゾーンを指定します。