Media Router について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Media Router は、Security Center 内のすべてのストリーム要求 (音声と動画) を処理する中心的なロールです。ストリームソース (カメラまたは Archiver) とその要求側 (クライアントアプリケーション) との間でストリーミングセッションを確立します。ルーティングは、関係するすべての要素 (ソース、宛先、ネットワーク、サーバー) の場所 (IP アドレス) とトランスミッション機能に基づいて決定されます。

Media Router は、必要な変換 (ユニキャストからマルチキャスト、IPv4 から IPv6 など) を行いながら、すべての動画ストリームが最適なルートを使用して宛先に到達できるようにします。

Media Router ロールのデフォルト RTSP ポートは 554 です。Media Router ロールのリダイレクターのデフォルト RTSP ポートは 560、デフォルト RTP ポートは 5004 です。Archiver ロールのデフォルト RTSP ポートは 555 と 605 の 2 つです。Media Router、リダイレクター、Archiver が同じサーバーにホストされている場合は、それぞれのポートを固有のものにする必要があります。

同じサーバー上で複数の Archiver ロールを作成する場合は、ロールごとに異なる RTSP ポートを使用する必要があります。そうしないと、ロールエンティティが黄色に変わり、エンティティ警告イベントが生成されます。

Media Router ロールのインスタンスは、システムごとに 1 つだけ許可されます。