ユニット同期について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ユニット同期とは、Security Center の最新のセキュリティ設定をアクセス・コントロール・ユニットにダウンロードするプロセスのことです。ダウンロードされる設定には、アクセスルール、カード所有者、認証情報、ロック解除スケジュールなどがあります。これらの設定は、ユニットが Access manager から切断されているときに正確かつ自律的に決定を行うために必要です。

ユニットは、システムに登録されたときに初めて同期されます。ユニットの登録を行った Access Manager がこのプロセスを自動的に実行します。ユニットが自律的に決定を行うために必要な設定のみがダウンロードされます。ユニットを同期すると、Access Manager はユニットに搭載されているメモリの量を認識し、ユニットが処理できる量の情報をメモリに読み込みます。

Security Center で何らかの変更が行われると、Access Manager ロールは割り当てられたユニットを自動的に同期します。HID ユニットの場合は、同期を定期的に、または要求時にのみ行うように構成できます。

ユニットがシステムと完全に同期していないと思われる場合は、Config Tool でユニットの [同期] タブに移動し、[今すぐ同期を行う] をクリックして、いつでも手動の同期を要求できます。

ユニットが同期している間は、そのユニットと、そのユニットが制御するエンティティ (ドア、エレベーター、ゾーンなど) の上部に同期アイコン () が表示されます。
重要: 同期エラーはすべて黄色で表示されます。処理の中断を避けるため、これらのエラーに注意を払ってください。たとえば、HID VertX ユニットでは認証情報が 65,000 件に制限されています。この制限を超えると、同期が失敗し、ユニットがリセットされます。