Media Gateway の構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Media Gateway ロールを構成するには、Security Center Config Tool で [動画] タスクを使用します。

Media Gateway - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブをクリックして、Media Gateway の開始マルチキャストアドレスと RTSP ポートを構成します。このロールと RTSP クライアントアプリケーション間のセキュア通信を有効にできます。
開始マルチキャストアドレス
開始マルチキャストエンドポイントおよびポート番号。マルチキャストでは、すべての動画ソースをそれぞれに異なるマルチキャストアドレスにストリーミングしますが、使用するポート番号は同じです。これは、マルチキャストスイッチおよびルーターは宛先 IP アドレスを使用してルーティングの決定を行うためです。同様に、Media Gateway は同じポート番号をすべてのストリーミングカメラに割り当てますが、最初のカメラにはここで指定された開始 IP アドレスを割り当て、以降は新しく検出したカメラごとに値を 1 増分したアドレスを割り当てます。
リスニングポート
Media Gateway が使用する着信 TCP コマンドポート
ユーザー認証
Media Gateway と RTSP クライアントアプリケーション間の認証を有効にします。
注: RTSP クライアントアプリケーションがシステム内で表示できるカメラは、そのクライアントが Security Center へのログオンに使用したユーザーアカウントに依存します。リストに追加するユーザーアカウントごとにパスワードを割り当てます。可能であれば、Security Center で使用されているものとは異なるパスワードを割り当ててください。
サーバーのデフォルト・ウェブ・ポートを使用する
デフォルトでは、Media Gateway は HTTPS ポート 443 と HTTP ポート 80 を使用して Mobile Server ロールおよび Web Client アプリケーションと通信します。これらのポートは、Mobile Server ロールと Web Server ロールをそれぞれホストしているサーバー上で定義されています。IT ポリシーにより、これとは異なるポートを使用しなければならない場合、または何らかの競合が存在する場合は、ポートを変更できます。その場合、このオプションを [オフ] に設定してから、HTTP ポートとセキュア HTTP ポートの設定を変更します。
重要: SSL 証明書の署名がなく (無効な証明書)、エンドユーザーが Web Client で動画をモニタリングするのに Mozilla Firefox または Microsoft Edge ブラウザーを使用する場合は、Media Gateway 上と Web Server 上に設定されているポートが同じであることを確認してください。
ウェブアドレス
Mobile Server ロールと Web Client アプリケーションが Media Gateway に接続するために使用する URL の接尾辞を定義します。URL は host:port/web address の形式になります。ここで、host は、Media Gateway ロールをホストしているサーバーの IP アドレスまたはホスト名です。port は HTTP ポート 80 (デフォルト) または HTTPS ポート 443 (デフォルト)、web addressmedia (デフォルト) です。

Media Gateway - [リソース] タブ

このロールに割り当てるサーバーを構成するには、[リソース] タブをクリックします。 Media Gateway ロールにはデータベースは必要ありません。
サーバー
このロールをホストしているサーバー