Security Center の編成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center はタスクによって編成されています。すべてのタスクはカスタマイズできます。また、複数のタスクを同時に行うこともできます。ライセンスオプションやユーザー権限によっては、Security Center に関して説明されているタスクやコマンドの一部が表示されない場合があります。Security Center には、個々のタスクと多くのコマンドに対応するユーザー権限があります。

ホームページでのタスクは、次のカテゴリに分類されます。
管理
(Config Tool のみ) システムをモデル化するために必要なエンティティを作成および構成するために使用されるタスク
操作
Security Center の日常的な操作に関連するタスク
調査
(Security Desk のみ) Security Center データベースとフェデレーションシステムのデータベースで重要な情報のクエリを実行できるタスク
メンテナンス
メンテナンスとトラブルシューティングに関連するタスク
タスクは、主なカテゴリの下でさらに次のように分類されます。
共通タスク
Security Center の 3 つのソフトウェアモジュールのすべてで共有されるタスク。これらのタスクは、ソフトウェアライセンスでどのモジュールがサポートされるかに関係なく、常に使用可能です。
アクセスコントロール
アクセスコントロールに関連するタスク。アクセス・コントロール・タスクは、アイコンの下に赤い線が表示されます。ソフトウェアライセンスで Synergis™ がサポートされている場合にのみ使用可能です。
LPR
次のものに関連するタスク ナンバープレート認識 (LPR). LPR タスクは、アイコンの下にオレンジ色の線が表示されます。ソフトウェアライセンスで AutoVu™ がサポートされている場合にのみ使用可能です。
動画
動画管理に関連するタスク。動画タスクは、アイコンの下に緑色の線が表示されます。ソフトウェアライセンスで Omnicast™ がサポートされている場合にのみ使用可能です。