動画シーケンスのイベントログ記録の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

多数の動画シーケンスが構成されたシステムの場合、カメラの接続と切断の回数により、アクティビティ証跡レポートが非常に大きくなる場合があります。システムを構成することにより、レポートのサイズを減らし、カメラシーケンスの接続と切断のみを記録することができます。

このタスクについて

  • デフォルトで、ログ記録はすべてのカメラおよびカメラシーケンスによるすべての接続および切断に対して有効です。このデフォルトを使用するアクティビティ証跡レポートサイズが管理可能な場合、この構成を変更する必要はありません。
  • シーケンスに対してアクティビティ証跡を無効にした場合、シーケンス内のカメラ接続変更は記録されません。カメラシーケンスの接続と切断のみが記録されます。
  • この構成変更はファイルが変更されるワークステーションにのみ適用されます。

手順

  1. テキストエディターで、Security Center インストールフォルダー (C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.8\) の下の ConfigurationFiles フォルダーにあるファイル GeneralSettings.gconfig を開きます。
  2. <mediaPlayer> ノードを特定し、必要に応じて、<mediaPlayer IsActivityTrailEnabledOnSequence="false"> または <mediaPlayer IsActivityTrailEnabledOnSequence="true"> に変更します。
  3. 変更を保存して、ファイルを閉じます。
    新しい構成はすぐに有効になります。
  4. 必要に応じて、他のワークステーションに対して手順を繰り返します。