固定された AutoVu™ システムの LPR Manager の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

固定された AutoVu™ システムで Security Center のナンバープレート認識 (LPR) データを受信するには、LPR Manager ロールを構成して、Sharp カメラに接続可能にする必要があります。

始める前に

  • LPR Manager ロールをホストしているコンピューターの IP アドレスを知っている必要があります。
  • Sharp カメラを検出するために使用されるポートのいずれかを変更した場合、必ずファイアウォールルールも更新してください。
    重要:
    • 各 LPR Manager は一意の Discovery ポートを使用する必要があります。
    • Discovery ポートを設定する際は、ポート 5050 を使用しないでください。このポートはロガーサービス用に予約されています。

このタスクについて

SharpOS バージョンとネットワークトポロジによっては Sharp カメラの追加方法が複数ある場合があります。ここで説明している方法は SharpSecurity Center が同じサブネット上にある場合にのみ使用してください。SharpSecurity Center が同じサブネット上にない場合、またはネットワークトポロジが NAT を含むインターネットを越えて通信する必要がある場合、別の接続方法を使用する必要がある場合があります。詳細については、LPR Manager ロールへの Sharp、SharpV、または SharpX カメラの接続を参照してください。

手順

SharpOS 12.7 以降を実行しているカメラの LPR Manager を構成するには:

  1. Config Tool ホームページから、[システム] > [ロール] をクリックし、構成する LPR Manager を選択します。
  2. [プロパティ] タブをクリックし、[LPM プロトコル] タブをクリックします。
  3. Sharp カメラを追加するときに使用される [リスニングポート] を確認します。ポートを変更する場合、[適用] をクリックして変更を確定します。
    LPM プロトコル - リスニングポート
    固定 Sharp カメラとパトロール車両からの接続要求をリッスンするために使用するポート。接続が確立されると、LPR Manager が管理対象 Sharp から更新を受信できるようになります。デフォルトのリスニングポートは 9001 です。

SharpOS 12.6 以前を実行しているカメラの LPR Manager を構成するには:

  1. Config Tool ホームページから、[システム] > [ロール] をクリックし、構成する LPR Manager を選択します。
  2. [プロパティ] タブをクリックし、[ライブ] タブをクリックします。
  3. [ネットワーク] の下で、次のポートを構成します。
    リスニングポート
    固定 Sharp カメラとパトロール車両からの接続要求をリッスンするために使用するポート。接続が確立されると、LPR Manager が管理対象 Sharp から更新を受信できるようになります。 デフォルトのリスニングポートは 8731 です。
    SharpDiscovery ポート
    LPR Manager がネットワーク上の固定 Sharp ユニットを検出するために使用するポート
  4. [読み取り時に送信 (固定 Sharp のみ)] の下で、次の項目を構成します。
    ナンバープレートの画像
    プレート読み取りデータと併せて、ナンバープレートの高解像度クローズアップ画像が送信されます。
    環境画像
    プレート読み取りデータと併せて、車両の広角度の環境画像が送信されます。
    LPR イベントのモニタリング中は、これらの画像が Security Desk に表示されます。

次のタスク