2 次 Archiver サーバー向けの異なる保持期間の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

2 次 Archiver サーバー向けに異なる保持期間を設定し (フェールオーバーまたは冗長性を使用)、データストレージの量をより正確に管理できます。この設定は Archiver.gconfig ファイルの中で構成できます。

このタスクについて

  • 冗長つまり 2 次 Archiver サーバーは 1 次 Archiver サーバーと比べて短い保持期間も長い保持期間も持つことができます。
  • 2 次 Archiver サーバーに対して値が指定されない場合、または値がゼロに等しい場合、1 次 Archiver サーバーの保持期間が適用されます。
  • 特定のカメラにカスタム保持期間が構成されている場合、そのカメラに対する Archiver 構成は無視されます。
  • 冗長な保持期間の構成はアーカイブバックアップに適用されません。
  • 2 次 Archiver の新しいデフォルトの保持期間はロール構成です。1 次および 2 次の両方のアーカイブコンピューターは同じ構成ファイルを持つ必要があります。

手順

  1. \<インストールディレクトリ>\Configuration Files\Archiver.gconfig を開きます。
    Security Center のインストールディレクトリは、C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.x で確認できます (デフォルトの場合)。
  2. DefaultRetentionPeriodForSecondaryArchver の値を、2 次録画を保持する日数に設定します。
    たとえば、<ArchiverRole DefaultRetentionPeriodForSecondaryArchiver="1" /> は 2 次保持期間を 1 日に設定します。
  3. ファイルを保存します。
  4. Archiver プロセスを再起動して、変更を適用します。