権限トラブルシューターについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

権限トラブルシューターは、Security Center システム内のユーザー権限の割り当てを調査するのに役立つツールです。

ユーザーが Security Center で実行できる操作は、ユーザーごとに定義されるか、ユーザーグループから継承される数多くの権限によって制御されます。権限トラブルシューターは、システム内の権限の割り当て状況を調べて、ユーザー権限の確認と問題の修正を支援します。

このツールを使用して、次の情報を入手できます。
  • 選択したエンティティを操作する許可を得ているユーザー
  • 選択したユーザーまたはグループに付与されている権限
  • ある権限を付与されているユーザー、特定のエンティティにアクセスできるユーザー、またはその両方に該当するユーザー

ツールの起動

権限トラブルシューターは、Config Tool の [ツール] メニューから開くことができます。ツールへのアクセスは、次の権限をすべて持つユーザーだけに制限されています。

  • ユーザープロパティの表示
  • ユーザー・グループ・プロパティの表示

ツールは 3 つのビューに分割された別のウィンドウで開き、各ビューでエンティティ、ユーザー、または権限を調査できます。

[エンティティ] ビュー

[エンティティ] ビューには、選択されたエンティティを表示、追加、または削除するために必要な権限を持つユーザーまたはグループが表示されます。エンティティが特定のパーティションに含まれている場合、これらのユーザーはそのパーティションにもアクセスできます。

[ユーザー] ビュー

[ユーザー] ビューには、選択されたユーザーまたはグループに対する権限の割り当てがすべて表示されます。

ヒント: 検索バーの [カスタムフィルターを適用] () をクリックすると、リストが許可、拒否、または未定義の権限に制限されます。

[権限] ビュー

[権限] ビューには、選択された権限が付与されたユーザーまたはグループ、選択されたエンティティにアクセスできるユーザーまたはグループ、あるいはその両方が表示されます。

ヒント: [エンティティ] リストの [エンティティ・タイプ・フィルター] アイコンをクリックすると、リストが特定のタイプのエンティティに制限されます。[カスタムフィルターを適用] () を使用して高度な検索を実行することもできます。