Genetec Patroller™ - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[LPR] タスクで使用できる、Genetec Patroller™ の [プロパティ] タブの設定について説明します。

[プロパティ] タブでは、Genetec Patroller™ エンティティをホストしているコンピューターに関する情報を確認できます (Genetec Patroller™ のプロパティを編集することはできません)。また、Genetec Patroller™ ユニットのサウンド管理、確認バッファー設定、ヒット遅延を構成することもできます。
プロパティ
Genetec Patroller™ 車載コンピューターのプロパティのリスト
IP アドレス
Genetec Patroller™ コンピューターの IP アドレス
バージョン
Genetec Patroller™ アプリケーションのバージョン番号
タイプ
Genetec Patroller™ インストールタイプ
シリアルナンバー
Genetec Patroller™ のシリアルナンバー
マシン名
Genetec Patroller™ コンピューターの名前
Updater Service バージョン
Genetec Patroller™ コンピューター上で実行されている Updater Service のバージョン
ファイルの関連付け
ホットリストや許可リストでの Genetec Patroller™ の動作を選択します。
LPR Manager ロールから継承
Genetec Patroller™ はその親 LPR Manager に関連付けられているホットリストと許可リストを使用します。これがデフォルトの設定です。
指定
LPR Manager ではなく Genetec Patroller™ ユニットに特定のホットリストまたは許可リストを関連付けます。後で Genetec Patroller™ エンティティをシステム上の別の LPR Manager に移動すると、ホットリストまたは許可リストも同じく移動されます。
サウンド管理
プレートの読み取り時やヒット生成時に音声を再生するように Genetec Patroller™ を構成します。また、Genetec Patroller™ が最小化されているとしても音声を再生するかどうかを選択します。
ヒット時に音声を再生
Genetec Patroller™ がヒットを生成した時点で音声を再生します。
読み取り時に音声を再生
Genetec Patroller™ がプレートを読み取った時点で音声を再生します。
最小化されていても音声を再生
Genetec Patroller™ ウィンドウが最小化されている場合でも音声を再生します。
確認バッファー
バッファー内に維持できる未確認状態の (許可または拒否されていない) ヒット数を指定できます。この制限値に達すると、Genetec Patroller™ は以降のすべてのヒットを自動的に拒否します。この制限を適用するホットリストを (優先度で) 選択することもできます。
拒否数
未確認ヒットの許容数
拒否の優先度
ホットリストエンティティの作成時に、そのホットリストの優先度を指定できます。この設定で Genetec Patroller™ に対し、バッファー制限を適用するホットリストを指示します。
ホットリストと許可
重複ヒット遅延時間を指定します。プレートがヒットを生成した後、この遅延時間が経過するまで、Genetec Patroller™ は同じプレートのヒットを無視します。たとえば、10 分間の遅延を設定した場合、Genetec Patroller™ は 10 分の間、同じプレートを何度読み取っても 1 回しかヒットを生成しません。