グローバルカード所有者管理 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

グローバルカード所有者管理 (GCM) は、独立した Security Center インストール環境間でカード所有者を同期するために使用されます。

GCM では、カード所有者情報を中央のオフィスと各地域のオフィスのどちらで管理する場合でも、組織全体のカード所有者情報の中央リポジトリを作成できます。さまざまな場所にある独立したインストール環境で、一元管理された人事管理システムと、情報を共有できます。

各ローカルオフィスは、それぞれのオフィスで勤務する従業員 (従業員のプロファイル、写真 ID、認証情報など) を引き続き管理します。サイト間を移動する必要がある従業員については、組織内のすべてのサイト間で同じ情報を共有できます。

グローバルカード所有者管理を使用すると、以下のことが可能になります。
  • 中央の場所 (本社など) でグローバルカード所有者を作成し、中央システムや他のシステムとは別個に運用されているリモート Security Center システムでその情報を同期できます。
  • ローカルシステム管理者は、グローバルカード所有者がローカル施設のどのエリアにアクセスできる (できない) かを決定できます。
  • ローカルシステム管理者は、グローバルカード所有者とそれに関連するエンティティに変更を加え、その変更を他の共有システムと同期できます。
  • ローカルシステム管理者は、グローバルカード所有者を他のシステムと共有しながら、ローカルカード所有者と関連エンティティの排他的な所有権を維持できます。