Network - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[ネットワークビュー] タスクで使用できる、ネットワークの [プロパティ] タブの設定について説明します。

[プロパティ] タブでは、ネットワークの特性とルーティング情報を定義できます。
機能
ネットワーク上でライブ動画をストリーミングするためのデータ転送機能
ユニキャスト TCP
TCP プロトコルを使用したユニキャスト (1 対 1) 通信が最も一般的な通信モードです。すべての IP ネットワークでサポートされますが、動画を転送するには最も非効率な方法でもあります。
ユニキャスト UDP
UDP プロトコルを使用したユニキャスト (1 対 1) 通信。UDP はコネクションレスプロトコルであるため、ライブ動画の転送に適しています。ネットワークトラフィックがビジー状態でも、UDP で不安定な動画になる可能性は TCP に比べると大幅に低くなります。ユニキャスト UDP をサポートするネットワークは必然的にユニキャスト TCP もサポートしています。
マルチキャスト
マルチキャストは最も効率的なライブ動画の転送方法です。ネットワークで転送された動画ストリームを、必要な数だけの宛先で受信できます。多数の宛先がある場合、そのゲインはかなり大きくなります。マルチキャストをサポートするネットワークは必然的にユニキャスト UDP とユニキャスト TCP もサポートしています。
注: マルチキャストには特殊なルーターとスイッチが必要です。機能をマルチキャストに設定する場合は、その前に IT 部門に確認してください。
IPv4 アドレス接頭辞
IPv4 には 2 つの表示モードがあります。[] をクリックし、優先する表示モードを選択します。
サブネット表示
このモードでは、IPv4 サブネットマスクが 4 バイトとして表示されます。
CIDR ブロック表示
Classless Inter-Domain Routing (CDIR) モードでは、IPv4 サブネットマスクが多数のビットとして表示されます。
IPv6 アドレス接頭辞
IP バージョン 6 のネットワークアドレス接頭辞。ネットワークが IPv6 をサポートしている必要があります。さらに、Server Admin を使用するすべてのサーバーでオプション [IPv6 を使用] を有効にする必要もあります。
パブリックサーバー
プロキシサーバーを指定する必要があるのは、構成済みネットワーク間でネットワークアドレス変換 (NAT) を使用する場合のみです。プロキシサーバーはシステムに既知のサーバーでなければなりません。また、ファイアウォール上にパブリックポートとアドレスが構成されている必要もあります。
ルート
システム上のすべてのネットワーク間のルートとルート機能を一覧表示します。