[LPR] タスク - [全般設定] ビュー - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[LPR] タスクで使用できる、[全般設定] ビューの設定について説明します。

全般設定 - [アプリケーション] ページ

[アプリケーション] ページでは、Security Desk の [モニタリング] タスクと [ルート再生] タスクでのマップの表示方法を構成できます。また、Genetec Patroller™ でのログオン試行回数を制限したり、Genetec Patroller™ プライバシー設定を適用したりできます。さらに、ヒットの施行時に Genetec Patroller™ ユーザーが入力しなければならない属性を設定することもできます。
マップタイプ
ご使用の Security Center ライセンスでサポートされるマップシステムのタイプを表示します。
読み取りの色
クリックして、マップ上にナンバープレート読み取り結果 を示すために使用する色を選択します。
LPR レポートを生成する際には理由が必要です
[オン] に切り替えると、LPR データを記載したレポートを生成する際に [理由が必要です] ダイアログが表示されます。これにより、LPR 検索の理由が記録され、アクティビティ証跡 (生成されるレポート) の監査ログに追加されるので、確実に法規制へのコンプライアンスを行えます。
初期経度/緯度
Security Desk でのマップビューのデフォルト開始位置を設定します。フィールドに座標を入力することも、[選択] をクリックして目的の位置にズームインしてから [選択] をクリックして設定することもできます。選択された位置を示す、赤色の画鋲が表示されます。
ロックダウンまでのログオン試行回数
ログオン試行で許容する失敗回数を指定できます。この回数制限に達すると、Genetec Patroller™ がアカウントをロックします。たとえば、回数制限を 3 に設定すると、Genetec Patroller™ ユーザーはユーザー名とパスワードを使って Genetec Patroller™ へのログオンを 3 回試行できます。4 回目の試行を行うと、アカウントがロックされて、ユーザーはログオンできなくなります。アカウントがロックされたユーザーは、管理者に連絡してパスワードをリセットしてもらう必要があります。パスワードをリセットするには、Genetec Patroller™Security Center サーバーに接続されていなければなりません。
プライバシー
Genetec Patroller™ が、ナンバープレート番号を難読化するよう構成します。または、プレートの画像、環境画像、車輪撮像を読み取り結果とヒットから除外して LPR Manager データベースに保存されないようにします。
ナンバープレートの画像、環境画像、または車輪影像
[オン] に切り替えると、これらの画像は Security Center に送信されたり、オフロードされるデータに含まれたりしません。
ナンバープレート
[オン] に設定すると、プレート番号のテキスト文字列がアスタリスク (*) で置き換えられてから、Security Center に送信されるかオフロードされるデータに組み込まれます。
施行されたヒットの属性
Genetec Patroller™ ユーザーがヒットを施行する際に値の入力を必須とするテキスト入力フィールドを作成します。施行されたヒットのテキストフィールドの情報は、Security Desk ヒットレポートでクエリ可能です。

全般設定 - [ホットリスト] ページ

[ホットリスト] ページでは、ユーザーが新規リスト項目エントリを追加する際、またはヒットを拒否あるいは受け入れる際に Genetec Patroller™ に表示される属性、理由、カテゴリをカスタマイズして定義できます。Genetec Patroller™Security Center に接続すると、これらの設定が選択されたホットリストと併せて Genetec Patroller™ にダウンロードされます。これらの設定は、Security Desk でヒットレポートのフィルターオプションとしても選択可能になります。
新規リスト項目の属性
新規リスト項目は、Genetec Patroller™ ユーザーが手動で入力するホットリスト項目です。新規リスト項目の属性は、Genetec Patroller™ ユーザーが Genetec Patroller™ で新規リスト項目を入力する際に指定するよう求められる、標準属性 (プレート番号、プレートを発行した都道府県、カテゴリ) 以外の属性です。
新規リスト項目のカテゴリ
ホットリストカテゴリのリスト。Genetec Patroller™ ユーザーは新規リスト項目を入力する際に、このリストからカテゴリを選択できます。カテゴリは、ナンバープレートがホットリストに必要となる理由を指定する属性です。
ヒット拒否理由
ホットリストヒットを拒否する理由のリスト。これらの値は、Security Desk でヒットレポートを生成する際の拒否理由フィルターオプションとしても使用可能になります。
ヒット承諾理由
Genetec Patroller™ ユーザーがヒットを承諾する際に入力しなければならない情報が含まれるフォーム。ヒットフォームに入力された情報は、Security Desk ヒットレポートでクエリ可能です。
[違反なし] ボタンを有効化
Genetec Patroller™ ヒット調査で [違反なし] ボタンを有効にする場合は、このオプションを選択します。Genetec Patroller™ ユーザーはこのボタンを使用して、ヒット適用後のヒット調査をスキップできます。

全般設定 - [超過時間ルール] ページ

[超過時間ルール] ページでは、超過時間ヒットのカスタム拒否理由を定義できます。このページで定義する値は、Patroller にダウンロードされ、Security Desk でヒットレポートを生成する際の拒否理由フィルターオプションとして使用可能になります。

Security Center のインストール時に自動的に 1 つのカテゴリが事前構成されます。

全般設定 - [許可] ページ

[許可] ページでは、許可ヒットのカスタム拒否理由を定義できます。また、共有許可違反の最小経過時間を選択することもできます (大学駐車場管理および都市駐車場管理)。このページで定義する値は、パトロール車両にダウンロードされ、Security Desk でヒットレポートを生成する際の拒否理由フィルターオプションとして使用可能になります。

Security Center のインストール時に自動的に 1 つのカテゴリが事前構成されます。
ヒット拒否理由
許可ヒットまたは共有許可ヒットを拒否する理由のリスト。これらの値は、Security Desk でヒットレポートを生成する際の拒否理由フィルターオプションとしても使用可能になります。
共有許可違反の最大経過時間
このパラメーターは、大学駐車場管理パトロール車両が共有許可ヒットを生成するのに使用する期間を定義します。共有許可ヒットが生成されるのは、同じ許可 ID を共有する 2 台の車両が同じ駐車場に指定された期間内に駐車した場合です。

たとえば、指定の期間としてデフォルトの 120 分 (2 時間) を使用し、ナンバープレート ABC123 と XYZ456 が同じ駐車許可を共有しているとします。Genetec Patroller™ がプレート ABC123 を午前 9:00 に読み取った後、午前 11:01 にプレート XYZ456 を読み取った場合、この読み取りまでの期間が 120 分を超えているため、Genetec Patroller™ はヒットを生成しません

全般設定 - [注釈フィールド] ページ

[注釈フィールド] ページでは、Security Desk の [読み取り結果] レポートまたは [ヒット] レポートに表示する追加のセレクターを定義できます。有効なセレクターにするには、実際の読み取りまたはヒットに含まれる情報に正確に関連させる必要があります。

たとえば、CarModelCarColor を施行されたヒットの属性 (を参照) として構成すると、Genetec Patroller™ ユーザーはヒットを試行する際に車両のモデルと色を入力するよう求められます。入力した情報はそのヒットと併せて保管されます。CarColor注釈 フィールドとして指定することで、ユーザーが入力した値を [ヒット] レポートにも表示できるようになります。

ユーザーのメタデータを個々の読み取りやヒットに関連付けるために、注釈フィールドにユーザー・カスタム・フィールドを追加することもできます。これにより、Security Desk の [読み取り結果] レポートや [ヒット] レポートでユーザー・カスタム・フィールドのクエリとフィルタリングが可能になります。

全般設定 - [更新] ページ

[更新] ページでは、ホットフィックスやヒット警告の新しい音声ファイルでパトロール車両と Sharp ユニットを更新できます。また、Sharp ユニット上のサービスの更新や、Sharp ファームウェアのアップグレードを行うこともできます。更新を送信するには、その更新を Genetec Inc. から受信して、Upgrade フォルダーにコピーする必要があります。(例: C:\Genetec\AutoVu\RootFolder2\Updates\SharpOS\Upgrade)。

すべて折りたたむ
[エンティティ] フィールド内のすべての項目を折りたたみます。
すべて展開
[エンティティ] フィールド内のすべての項目を展開します。
すべて更新
現在選択されている LPR Manager で管理されているすべてのユニットを更新します。このボタンによって更新されるのは、現在のタブに表示されているユニットのみです。たとえば、[Genetec Patroller™ および Sharp ユニット] タブを表示している場合、リスト上のすべてのパトロール車両と Sharp ユニットが更新されます。
ステータス
更新のステータスを示します。示される可能性のあるステータスは次のとおりです。
利用不可
Updater Service はサポートされていません (たとえば、RAM の容量が 512 MB 未満の Sharp バージョン 1.5 および 2.0)。
適用対象
クライアントマシンが更新を受信できます。
同期中
クライアントマシンがサーバーとの同期を開始しました。
同期済み
すべての更新ファイルがクライアントマシンに正常にダウンロードされました。クライアントマシンは更新の適用を待機中です。
インストール
クライアントマシンが更新を受け入れて、新しいファイルで古いファイルを置換中です。
インストール済み
新しい更新がクライアントマシンに正常に適用されました。
アンインストール中
クライアントマシンから更新を削除中です。
アンインストール済み
クライアントマシンから更新が正常に削除されました。
エラー
更新プロセスでエラーが発生しました。
ドロップフォルダー
更新ファイルをコピーするために必要なフォルダーを開きます。たとえば、Genetec Patroller™ エンティティのドロップフォルダーのアイコンをクリックすると、C:\Genetec\AutoVu\RootFolder\Updates\Patroller (デフォルトの場所) が開きます。
注: Config Tool が LPR Manager と同じマシン上で実行されていない場合、ドロップフォルダーをクリックすると、ローカルマシン上の [マイドキュメント] フォルダーが開きます。
Genetec Patroller™ インストールと Sharp ユニット
更新を適用可能な Genetec Patroller™ インストールと Sharp ユニット (固定およびモバイル) を表示します。
サービスの更新
更新を適用可能な Sharp サービスを表示します。
ファームウェアアップグレード
ファームウェアアップグレードを適用可能な Sharp ユニットを表示します。