Directory ロールについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Directory ロールは、Security Center システムを識別します。すべてのエンティティ構成とシステム全体の設定を管理します。

Directory ロールの動作

システム上で許可されるこのロールのインスタンスは 1 つだけです。Directory ロールをホストするサーバーはメインサーバーと呼ばれ、最初にセットアップする必要があります。Security Center に追加する他のすべてのサーバーは拡張サーバーと呼ばれ、同じシステムに組み込むにはメインサーバーに接続する必要があります。

Directory ロールの主な機能は次のとおりです。
  • クライアントアプリケーションの接続認証
  • ソフトウェアライセンスの施行
  • 一元的な構成管理
  • イベントの管理とルーティング
  • 監査証跡とアクティビティ証跡の管理
  • アラームの管理とルーティング
  • インシデント管理
  • スケジュール済みのタスクの実行
  • マクロの実行

Directory ロールの構成

Directory ロールは、すべてのクライアント接続を認証する責任を持つため、Config Tool クライアントアプリケーションには構成できません。Directory ロールを構成するには、Web ブラウザーから Server Admin にログオンする必要があります。

Server Admin を使用して次の管理タスクを実行できます。
  • Directory ロールの開始/停止
  • Directory データベースの管理とデータ保持期間の変更
  • Security Center ライセンスの表示と変更
  • メインサーバーのパスワードと通信ポートの表示と変更
  • メインサーバーの拡張サーバーへの変換

複数 Directory サーバー構成では、Directory のフェールオーバー負荷分散Directory Manager ロールによって管理されます。