Media Router ロールの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Media Router ロール設定を構成して、スループットを最適化し、プライベートネットワークのセキュリティを向上させることができます。

このタスクについて

ライセンスで Omnicast™ が有効な場合、Media Router ロールがデフォルトで作成され、メインサーバー上でホストされます。複数のプライベートネットワークを含む複雑なシステムでなければ、通常はデフォルトのセットアップで十分です。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. [Media Router] ロールを選択します。
  3. (オプション) [リソース] タブをクリックし、次の項目を構成します。
    1. ロールのプライマリサーバーを変更します。
    2. Media Router フェールオーバーを構成するには、待機状態のサーバーを追加します。
  4. [プロパティ] タブをクリックします。
  5. デフォルトの開始マルチキャストアドレスおよびポート設定がシステム上の他のアプリケーションと競合する場合、[開始マルチキャストアドレス] フィールドで別の IP アドレスまたはポートを選択します。
    マルチキャストでは、すべての音声および動画ソースをそれぞれに異なるマルチキャストアドレスにストリーミングしますが、使用するポート番号は同じです。これは、マルチキャストスイッチおよびルーターは宛先 IP アドレスを使用してルーティングの決定を行うためです。同様に、Media Router はその同じポート番号をすべてのストリーミングデバイス (マイクとカメラ) に割り当てますが、最初のデバイスには指定の IP アドレスを割り当て、以降は新しく検出したデバイスごとに値を 1 増分したアドレスを割り当てます。
  6. Security Center で RTSP 動画要求を保護および認証するには、[保護された通信を使用] オプションをオンにします。
    保護された通信が有効な場合、すべての動画通信は TLS を介した RTSP を使用します。ネットワークがマルチキャストまたはユニキャスト UDP 用に構成されている場合、RTSP コントロールチャネルのみが暗号化されます。ネットワークがユニキャスト TCP 用に構成されている場合、RTSP コントロールチャネルのみがライブ動画リダイレクト向けに暗号化されます。動画再生と動画エクスポートは常に TCP を介した RTSP を使用するため、RTSP コントロールチャネルと動画データチャネルの両方が暗号化されます。
    重要: 新規インストールでは保護された通信がデフォルトで有効ですが、5.5 よりも前のバージョンからアップグレードした場合は無効になります。保護された通信がオンになると、5.5 よりも古い Security Center システムは Security Center システムをフェデレーションできません。
  7. リダイレクター構成を追加または変更します。
  8. [適用] をクリックします。