動画要求を受信するための Media Gateway ロールの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

RTSP プロトコルを使用してライブおよび再生動画の要求や生動画ストリームの受信を行うには。Config Tool で Media Gateway を構成する必要があります。

始める前に

システムで Media Gateway ロールを作成します。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. エンティティツリーで、Media Gateway ロールを選択し、[リソース] タブをクリックします。
  3. (オプション) ロールのプライマリサーバーを変更します。
  4. Media Gateway の負荷分散を構成するには、ロールにサーバーを追加します。
    1. [サーバー] リストの下で、[アイテムの追加] () をクリックします。
      ダイアログボックスが開き、システム上にあってロールに割り当てられていない残りのすべてのサーバーが表示されます。
    2. 追加するサーバーを選択し、[追加] をクリックします。
    RTSP 要求は表示されているサーバー間で負荷分散されます。
  5. [プロパティ] タブをクリックします。
  6. デフォルトの開始マルチキャストアドレスおよびポート設定が Archiver、リダイレクターなどの他のロールやシステム上のアプリケーションと競合しないことを確認します。
    マルチキャストでは、すべての動画ソースをそれぞれに異なるマルチキャストアドレスにストリーミングしますが、使用するポート番号は同じです。これは、マルチキャストスイッチおよびルーターは宛先 IP アドレスを使用してルーティングの決定を行うためです。同様に、Media Gateway は同じポート番号をすべてのストリーミングカメラに割り当てますが、最初のカメラにはここで指定された開始 IP アドレスを割り当て、以降は新しく検出したカメラごとに値を 1 増分したアドレスを割り当てます。
  7. デフォルトの RTSP ポートがサーバー上の他のロールまたはアプリケーションと競合する場合、別のポート番号を選択します。
    注: デフォルトの RTSP ポートは 654 です。
  8. ユーザー認証がが有効な場合、RTSP クライアントアプリケーション (たとえばサードパーティの動画分析ソフトウェアなど) によって行われる動画要求を認証できるユーザーを構成します。このオプションの有効化はセキュリティの目的で推奨されますが、ネットワークがセキュアであることがわかっている場合は無効化できます。
    注: RTSP クライアントアプリケーションがシステム内で表示できるカメラは、そのクライアントが Security Center へのログオンに使用したユーザーアカウントに依存します。リストに追加するユーザーアカウントごとにパスワードを割り当てます。可能であれば、Security Center で使用されているものとは異なるパスワードを割り当ててください。
  9. [適用] をクリックします。

次のタスク

RTSP 動画要求の送信の詳細については、「Media Router ロールの作成」を参照してください。