オンデマンドによる動画アーカイブの転送 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ソフトウェアのアップグレードやサーバーの交換といった大がかりな運用の前に動画アーカイブをすばやく保護するために、転送グループを作成することなくオンデマンドで動画アーカイブを移動できます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[動画] タスクを開き、[アーカイブ転送] ビューをクリックします。
  2. ウィンドウの下部にある [今すぐ転送する] をクリックします。
  3. [転送グループプロパティ] ダイアログボックスで、実行する転送のタイプを次の中から選択します。
    バックアップ
    動画アーカイブを Archiver から G64x ファイルにバックアップします。
    重複したアーカイブ
    動画アーカイブを Archiver から別の Archiver にコピーします。
  4. [ソース] セクションで、[アイテムの追加 ()] をクリックし、必要なカメラまたは Archiver を選択して、[追加] をクリックします。
    カメラがソースとして選択されると、転送はすべての Archiver から関連する動画を含めます。
    ヒント: Ctrl + Shift キーを押しながらクリックすることで、複数のカメラまたは Archiver を選択できます。
  5. [重複したアーカイブ] の場合、[ターゲット] ドロップダウンリストから、動画を受け取る Archiver を選択します。
  6. [時間帯] では、転送する動画アーカイブの開始および終了の時刻を設定します。
  7. [データ] の下で、[すべて] を選択して最後に正常終了した転送以降のすべてのものを転送するか、[指定] を選択してイベントフィルターに基づく特定のシーケンスを転送します。
  8. [指定] を選択した場合、転送するデータのタイプを次の中から選択します。
    アラーム
    アラームイベント関連の動画セグメントを転送します。アラーム自体の記録は転送されません。
    ブックマーク
    ブックマークが含まれる動画セグメントを転送します。
    入力トリガー
    入力イベントが含まれる動画セグメントを転送します。
    モーションイベント
    [モーションオン] イベントが発生してから [モーションオフ] イベントが発生するまでに録画された動画セグメントを転送します。このオプションは、ユニットモーション検出にのみ適用されます。
    保護された動画
    保護されている動画セグメントを転送します。
    動画分析イベント
    動画分析イベントが含まれる動画セグメントを転送します。
    期間
    指定した期間に録画された動画セグメントを転送します。特定の時間範囲または相対的な時間範囲 (過去 n 日間、時間、分など) を指定できます。
  9. イベントベースの転送のみ: 特定のデータを選択した場合、イベントの前後で転送する必要がある動画の秒数を指定します。
    [モーションイベント] フィルターを選択した場合、この設定は転送に含まれる、モーションオン イベントの前の動画の秒数と モーションオフ イベントの後の動画の秒数を示します。
  10. [開始] をクリックします。
    アーカイブ転送はすぐに始まります。