カメラに関するプライバシー保護の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

動画ストリームを匿名化するには、各カメラに関するプライバシー保護を構成する必要があります。

始める前に

このタスクについて

  • 構成されたブロック精度 (ブロックサイズ) は全体の視界と同じです。魚眼カメラを使用する場合など、非常に歪んだシーンでは、これによりシーンのエッジに向かって非常に粗い匿名化になることがあります。
    要確認: カメラに接近している場合でも人々を匿名化するブロック精度を選択します。
  • プライバシー保護は固定カメラとして使用される PTZ カメラのみをサポートします。PTZ を移動した後、ストリームは開始学習期間中に匿名化されます。
  • プライバシー保護は多くのリソースを消費します。
    • プライバシー保護が有効な場合、ストリームの数は倍になります。
    • 匿名化はデコードされた画像に対して計算および適用されます。
  • プライバシー保護済みのカメラをフェデレーションの対象にする古い Security Center システム (5.6 以前) では、下位互換性を使用して、元のストリームではなく匿名化されたストリームのみを表示できます。

手順

  1. [エリアビュー] タスクから、構成するカメラを選択し、[プライバシー保護] タブをクリックします。
  2. [プライバシー保護] オプションを [オン] に設定します。
    オン
    プライバシー保護動画分析と匿名化が有効にされていることを示します。明示的に [プライバシー保護の削除] を要求していないユーザーは匿名化された動画ストリームを受け取ります。
    オフ
    プライバシー保護動画分析と匿名化が無効にされていることを示します。
  3. [録画中 (カメラの録画)] オプションを設定します。
    オン
    カメラに対して録画がトリガーされると、パブリック (プライバシー保護) ストリームとプライベート (機密) ストリームの両方が録画されることを示します。
    オフ
    パブリック (プライバシー保護) ストリームは録画されず、プライベート ストリームのみが録画されることを示します。これはつまり、将来、[プライバシー保護の削除] 権限を持っていないユーザーが再生動画を要求しても、使用可能なアーカイブはないことを意味します。
  4. [ストリームソース] を選択します。
    表示されるストリーム・ソース・オプションは [動画] タブで使用されるリンクされたストリームに対応します。たとえば、ストリームの [高解像度] バージョンをアーカイブするのと同時に、ストリームの [低解像度] バージョンにプライバシー保護を適用できます。この方法の使用は各プライバシー保護サーバーで複数のストリームを持つことができることを意味します。
  5. 次の中からプライバシー保護方法を選択します。
    方法
    プライバシー保護方法を指定します。どのオプションを選択するかは、動画にどのようにプライバシー保護を適用しなければならないかによって異なります。次のいずれかを選択します。
    彩色
    ブロックを色で塗りつぶします。追加パラメーター [ハイライト強度] で採色の濃さを制御します。どのシーンでも人物を識別できないようにするには、彩色が役立ちます。
    モザイク効果
    移動するオブジェクトを見えにくくするブロックの外観を設定します。追加パラメーター [ハイライト強度] でモザイク効果の密度を制御します。
    透明度
    人物を見えにくくするブロックの透明度を設定します。透明度の方法で使用する色も選択できます。人物はぼかす一方、背景がある程度見えるようにするには、透明度の設定が役立ちます。
  6. 次の項目を選択または指定します。
    (彩色および透明度の方法のみ) 彩色に使用する色を指定します。[基本] 色ピッカーから色を選択するか、[カスタム] をクリックして他のオプションを使用します。

    ハイライト強度
    (モザイク効果の方法のみ) モザイク効果の密度を指定します。デフォルト値は 5 です。0 - 255 の範囲で値を指定できます。
    許容範囲
    照明変更の許容範囲をパーセンテージで指定します。デフォルト値は 25% です。1 - 100 % の範囲で値を指定できます。
    ブロック精度
    保護された動画画像内でのブロックサイズを指定します。大きい値を指定すると、ブロックサイズが小さくなります。デフォルトの設定は 60 です。60 - 100 の範囲で値を指定できます。
  7. プリセットを選択します。
    事前設定
    選択した用途に最適なデフォルト設定のセットを指定します。[屋内] または [屋外] のいずれかを選択します。
    屋内
    屋内での状況に最適なデフォルト設定のセットを指定します。
    屋外
    屋外での状況に最適なデフォルト設定のセットを指定します。
    詳細設定の代わりに、[屋内] または [屋外] のデフォルトの設定を使用する場合、[プリセット] を使用します。
  8. 1 つ以上の除外ゾーンを指定します。
    1. 次のいずれかを選択します。
      [静的プライバシーゾーンの追加] ()
      選択されたプライバシー保護方法は常にこれらのゾーンに適用されます。静的プライバシーゾーン内のあらゆるもの (背景を含む) が保護されます。
      [除外ゾーンの追加] ()
      選択されたプライバシー保護方法はこれらのゾーンに適用されません。除外ゾーン内のあらゆるもの (モーションを含む) は保護されません。
    2. 動画プレビューのエリアの上をクリック・アンド・ドロップしてゾーンを定義します。
      ゾーンが重なっている場合、静的プライバシーゾーンは除外ゾーンよりも優先されます。
      注: 動画ブロックを部分的に匿名化することはできません。静的プライバシーゾーンの境界が動画ブロックを分割する場合、ゾーンの外側のエリアを含むブロック全体が常に匿名化されます。除外ゾーン境界が動画ブロックを分割する場合、モーションが検出されると、ゾーンの内側を含むブロック全体が匿名化されます。保護された動画ブロックのサイズは [ブロック精度] パラメーターによって定義されます。
  9. [適用] をクリックします。

次のタスク

必要に応じて、詳細設定または出力ストリーム設定を構成します。