データベースのバックアップ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

データベースを定期的にバックアップすることで、ロールのデータベース内のデータを保護できます。アップグレードの前にデータベースをバックアップすることがベストプラクティスです。

このタスクについて

警告: 仮想マシンのスナップショットを使用して Security Center データベースをバックアップしないでください。スナップショットの処理中に仮想マシンのすべての入出力が中断されるため、システムの安定性とパフォーマンスに影響する可能性があります。以下に示す手順に従うことを強く推奨します。
Directory データベースの場合を除き、すべてのロールのデータベースは , Config Tool からバックアップできます。Directory データベースをバックアップする場合は、Server Admin メイン・サーバー・ ページを使用する必要があります。ただし、いずれの場合も手順は似ています。したがって、ここでは Config Tool からのバックアップのみを説明します。
注: 以下の場合は例外です。
  • Archiver および Auxiliary Archiver ロールデータベースを関連する動画ファイルとともにバックアップするには、[動画] タスクの [アーカイブ転送] ページからバックアップを実行する必要があります。
  • バックアップと復元フェールオーバーモードが有効の場合に Directory データベースをバックアップするには、Config Tool で Directory Manager ロールの [データベースフェールオーバー] タブからバックアップを実行する必要があります。
  • モニタリング・フェールオーバー・モードが有効な場合、Directory データベースのバックアップと復元に関する制約があります。詳細については、Microsoft SQL Server データベースモニタリングのドキュメンテーションを参照してください。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. ロールを選択してから [リソース] タブをクリックします。
  3. [バックアップ/復元] () をクリックします。
  4. [バックアップ/復元] ダイアログボックスで、[バックアップ フォルダー] フィールドの横にある [フォルダーを選択] () をクリックし、バックアップファイルを保存するフォルダーを選択します。
    注: ファイルのパスは、ロールをホストしているサーバーを基準とした相対パスです。Config Tool を実行しているワークステーションが基準ではありません。ネットワークドライブを選択するには、手動でパスを入力し、サービスユーザーがこのフォルダーへの書き込みアクセスを持っていることを確認します。
  5. (オプション) [バックアップファイルを圧縮する] オプションを [オン] に切り替えて、BAK ファイルの代わりに ZIP ファイルを作成します。
    このオプションを選択した場合、バックアップファイルを復元する前に圧縮解除する必要があります。
    重要: [バックアップファイルを圧縮する] オプションはデータベースが同じサーバー上でローカルにある場合にのみ機能します。
  6. [今すぐバックアップ] をクリックします。

タスクの結果

バックアップファイルはバックアップフォルダーに BAK というファイル拡張子で作成されます。ファイルの名前はデータベース名の後に “_ManualBackup_” と現在の日付 (mm-dd-yyyy) が続きます。