アクセス・コントロール・ユニット - Synergis™ - [周辺機器] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[アクセスコントロール] タスクで使用できる、Synergis™ アクセス・コントロール・ユニットの [周辺機器] タブの設定について説明します。このタブには、ユニットに接続されたすべてのインターフェイスモジュールが、各モジュールに接続されたダウンストリームパネルとともに階層ビューで表示されます。

[周辺機器] タブでは、インターフェイスモジュールを追加、削除したり、ユニットに接続された周辺機器 (リーダーや I/O デバイス) の名前と設定を変更したりできます。

このページに表示される情報は次のとおりです。
名称
インターフェイスモジュールまたは周辺機器の名前。周辺機器は、デフォルトでは階層ビューで表示されます。

必要に応じて、[表示モード] () をクリックして [フラットビュー] を選択してください。

タイプ
周辺機器のタイプ: [入力]、[出力]、[リーダー] 周辺機器でない場合は空白になります。

(出力リレーのみ) 選択したデバイスに出力の挙動 ([アクティブ]、[通常]、[パルス]) を送信するには、リストの下部にある [出力をトリガー] () をクリックします。

状態
周辺機器のライブ状態: [アクティブ]、[通常]、[分路] (入力とリーダーのみ)、[トラブル] (入力のみ)、[不明]

この列を使用して、接続されているインターフェイスモジュールをテストし、I/O デバイスの配線構成を検証します。

追加情報
周辺機器のタイプに固有の設定

選択した周辺機器の設定を編集するには、周辺機器をダブルクリックするか、リストの下部にある [編集] () をクリックします。

制御対象
この周辺機器によって制御されるエンティティ (ドア、エレベーター、ゾーン)

リストの下部にある [移動] () をクリックすると、選択した周辺機器によって制御されるエンティティの構成タブが表示されます。

論理 ID
(デフォルトでは非表示) マクロや SDK プログラムで参照しやすくするためにこの周辺機器に割り当てられた論理 ID
物理名
(デフォルトでは非表示) システムによってこの周辺機器に割り当てられた静的な名前
ヒント: このページの情報は、Security Desk ユーザーが周辺機器をモニタリングするときに [システムステータス] タスクを使用して確認することもできます。

追加および削除できるインターフェイスモジュール

[周辺機器] タブで追加および削除できるのは、Synergis™ ユニットに接続された Mercury コントローラー (EP、LP、M5-IC) だけです。他のタイプのインターフェイスモジュールは、[ハードウェア] タブまたは Synergis™ Appliance Portal の [ハードウェア] ページを使用して追加する必要があります。

編集可能なリーダー設定

編集可能なリーダー設定は次のとおりです。
名称
リーダー名
論理 ID
同じユニットに接続されているすべての周辺機器間で一意である必要があります。
分路
このオプションを選択すると読み取り結果が無視されます。

このアクションは、Security Desk から発行することもできます。

リーダーのタイプ
ご使用のリーダーに対応するタイプを選択します。使用可能なリーダータイプのリストは、ご使用のインターフェイスモジュールのタイプによって異なります。[カスタム] リーダータイプを選択すると、すべてのリーダーオプションを手動で構成できます。

編集可能な入力設定

編集可能な入力設定は次のとおりです。
名称
入力デバイス名
説明
(読み取り専用) 入力の説明
論理 ID
同じユニットに接続されているすべての周辺機器間で一意である必要があります。
分路
このオプションを選択すると入力が無視されます。分路を行うと、入力の状態はトリガーの方法に関係なく [通常] のままになります。
デバウンス
入力が変更された状態 (たとえば、アクティブから通常) になってから状態変更が報告されるまでの時間。このオプションにより、不安定な信号がフィルタリングされて除外されます。
接点タイプ
入力接点の通常状態とその監督モードを設定します。
監視されていない / 通常は閉じている
通常の状態では入力の接点が閉じられ、アクセス・コントロール・ユニットは入力がトラブル状態であることを報告しません。
監視されていない / 通常は開いている
通常の状態では入力の接点が開いていて、アクセス・コントロール・ユニットは入力がトラブル状態であるかどうかを報告しません。
4 状態監視 / 通常は閉じている
通常の状態では入力の接点が閉じられ、アクセス・コントロール・ユニットは入力がトラブル状態になったことを報告します。
4 状態監視 / 通常は開いている
通常の状態では入力の接点が開いていて、アクセス・コントロール・ユニットは入力がトラブル状態になったことを報告します。
カスタム
[アクティブ] および [通常] 入力状態の値のカスタム範囲を設定できます。実際の値は、Mercury コントローラーの高度な設定で設定します。

編集可能な出力設定

編集可能なリーダー設定は次のとおりです。
名称
出力デバイス名
論理 ID
同じユニットに接続されているすべての周辺機器間で一意である必要があります。