実行可能ファイルにリンクするタイルプラグインの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk でタイルプラグインが表示される場合、連携可能な実行可能ファイルを含む .dll または .xmal ファイルにリンクするタイルプラグインを作成できます。

始める前に

実行可能ファイルはローカルコンピューター上に作成および配置する必要があります。

手順

  1. [エリアビュー] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加] () > [タイルプラグイン] をクリックします。
  3. [タイルプラグインの作成] ウィザードで、エンティティの名前と説明を入力します。
  4. システムに複数のパーティションがある場合、タイルプラグインがメンバーであるパーティションを選択し、[次へ] をクリックします。
    パーティションはどの Security Center ユーザーがこのエンティティへのアクセスを持っているかを判別します。パーティションに対するアクセス権限が付与されているユーザーにのみ、タイルプラグインが可視になります。
  5. [タイルプラグイン情報] ページで、[タイルプラグイン] を選択します。
  6. Windows で、タイルプラグインがリンクする .dll ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  7. [次へ] > [閉じる] をクリックします。

    タイルプラグインはデフォルトのアイコン () とともにエリアビューに表示されます。

  8. タイルプラグインを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  9. 別の実行可能ファイルを選択するには、[変更] をクリックし、別の .dll ファイルを選択します。
  10. [適用] をクリックします。