エレベーターの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[エリアビュー] タスクで使用できる、エレベーターのさまざまな構成タブの設定について説明します。

エレベーター - [フロアー] タブ

[フロアー] タブでは、アクセス・コントロール・ユニットとエレベーターフロアー間の物理配線の関係を構成し、Security Desk でこのエレベーターをモニタリングするために使用するカメラを選択できます。
優先ユニット
このエレベーター室のパネルを管理するアクセス・コントロール・ユニット
エレベーター室リーダー
エレベーター室内で使用するリーダーインターフェイス
使用できるリーダー設定は次のとおりです。
PIN 入力タイムアウト
カードが読み取られた後の PIN の入力タイムアウトを設定します。たとえば、デフォルト (5 秒) では、すべての PIN 数字を入力するまでに 5 秒間の猶予が与えられます。
カードと PIN を使用
リーダーモードを [カードと PIN] に変更して、[スケジュール] ドロップダウンリストからこのモードを適用する期間を選択するには、[オン] に設定します。スケジュールされた期間外では、リーダーは [カードのみ] モードで動作します。
カメラ
Security Desk でこのエレベーターをモニタリングするカメラ
フロアー
エレベーターフロアーのボタンに接続されるプッシュボタンのリレーと入力
プッシュ・ボタン・リレー
さまざまなエレベーターフロアーのボタンに割り当てられる出力リレー。アクセス許可イベントにより出力リレーが閉じて、ブッシュボタンで特定のフロアーを要求できるようになります。
フロアー追跡
エレベーターフロアーのボタンに割り当てられる入力。入力を割り当てると、Security Center がどのフロアーボタンが押されたかを記録します。
カメラ
各フロアーのエレベータードアをモニタリングするために使用するカメラ

エレベーター - [アクセス] タブ

[アクセス] タブでは、各エレベーターフロアーに適用するアクセスルールを構成して、エレベーターフロアーへのアクセスを制御する時間帯とフリーアクセスを有効にする時間帯を決定できます。
アクセスルール
どのフロアーボタンをいつ、どのカード所有者に対して有効にするかを決定するアクセスルールを選択します。フロアーごとに異なるアクセスルールを適用することも、すべてのフロアーに同じアクセスルールを適用することもできます。
例外
設定したアクセスルールに対する例外を設けるかどうかを指定します。
スケジュール
例外を適用するスケジュールを選択します。
フロアー
例外を適用するフロアーを選択します。
モード
例外スケジュールの期間中、エレベーターフロアーへのアクセスをフリーアクセスにするか、制御するかどうかを選択します。

エレベーター - [詳細] タブ

[詳細] タブでは、このエレベーターの詳細な動作を構成できます。
許可時間
アクセス許可イベントが生成された後、エレベーターフロアーのボタンを有効にする期間
出力リレーが次の状態のときはフリーアクセス
通常
アクセス・コントロール・ユニットの出力リレーが閉じていないときは、フリーアクセスが許可されます。これは、停電が発生するとフロアーへのフリーアクセスが可能になることを意味します。
アクティブ
アクセス・コントロール・ユニットの出力リレーが閉じているときは、フリーアクセスが許可されます。これは、停電が発生するとフロアーへのアクセスが拒否されることを意味します。