スマートカードを使用した機密の動画ストリームの暗号化解除 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

プライバシー保護サーバーが機密の動画をモザイク化できるように、機密の動画ストリームを暗号化解除するには、Archiver に Windows パブリック証明書をインストールし、プライバシー保護サーバーに Windows プライベート証明書をインストールする必要があります。

始める前に

  • プライバシー保護暗号化に習熟します。
  • 使用するスマートカードとメーカーのマニュアルに習熟します。
  • Windows 証明書ストアで Windows パブリック証明書が使用可能であることを確認します。

このタスクについて

この例では、すべてのサーバーで自動生成される Windows 証明書を使用して、 Genetec™証明書の導入を簡略化します。

手順

  1. Privacy Protector ロールをホストしているマシンで、Archiver サーバーに Windows パブリック証明書をインストールします。
    1. Config Tool の [動画] タスクで、Archiver または特定のカメラを選択します。
  2. Archiver を選択した場合、[カメラのデフォルト設定] タブをクリックします。
    1. [録画] セクションで、[高度な設定を表示] をクリックします。
    2. [暗号化] セクションで、[暗号化] を有効化します。
  3. カメラを選択した場合、[録画] タブをクリックします。
    1. [高度な設定を表示] をクリックします。
    2. [暗号化] セクションで、[暗号化] を有効化します。
  4. Archiver で Windows パブリック証明書をインストールします。
    1. [証明書] セクションで、[] をクリックし、要求する Windows パブリック証明書を選択します。
    2. [OK] をクリックし、証明書を受け入れます。
      注: Windows パブリック証明書が表示されない場合、Windows 証明書ストアにインストールされていない可能性があります。
  5. [適用] をクリックし、変更を保存します。

タスクの結果

動画ストリームは暗号化解除され、Security Desk オペレーターは次の操作を実行できます。
  • スマートカードがない場合、モザイク化された動画ストリームのみを表示する。
  • 必要なスマートカードが挿入されている場合、モザイク化されていない元の動画ストリームを表示する。
    注: 挿入されているスマートカードによっては、PIN も必要になる可能性があります。

次のタスク

必要に応じて、信頼できる証拠として元の動画をエクスポートできます。