AutoVu™ Free-Flow の一般的な駐車シナリオ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security CenterAutoVu™ Free-Flow 機能を使用すると、駐車ルールの要件に合わせてシステムをカスタマイズできます。

以下の例では、一般的な駐車シナリオに合わせて AutoVu™ Free-Flow を使用する方法を示します。

一時利用

この一時利用のシナリオでは、車両が駐車場に入場したときに、その所有者は直ちに駐車料金を支払う必要があります。

このシナリオについて:

  • 車両の所有者に駐車場所を見つけて駐車料金を支払うための時間を与えるため、短いコンビニエンス時間を追加できます。
  • 所有者が 15 分間のコンビニエンス時間と 15 分間の猶予期間の終わりまでに駐車料金を支払わなかった場合は、駐車セッションに違反のフラグが立てられます。
  • 所有者が駐車料金を支払ったものの、購入した駐車時間と猶予期間を超えた場合は、車両に違反のフラグが立てられます。

無料駐車期間がある一時利用

この一時利用のシナリオでは、車両は最初の 2 時間だけ、許可なしで駐車できます。車両の所有者が駐車場内に 2 時間を超えて駐車しようとする場合は、駐車料金を支払う必要があります。

このシナリオについて:

  • 2 時間のコンビニエンス時間が構成されています。
  • 所有者が 2 時間のコンビニエンス時間と 15 分間の猶予期間の終わりまでに駐車料金を支払わなかった場合は、駐車セッションに違反のフラグが立てられます。
  • 所有者が駐車料金を支払ったものの、購入した駐車時間と猶予期間を超えた場合は、車両に違反のフラグが立てられます。

超過時間駐車

超過時間のシナリオでは、どの車両も最大 2 時間まで駐車できます。ドライバーは追加の駐車時間を購入できません。

このシナリオについて:

  • 2 時間のコンビニエンス時間が構成されています。
  • 所有者が 2 時間のコンビニエンス時間と 15 分間の猶予期間を超えて車を駐車した場合は、駐車セッションに違反のフラグが立てられます。

月極契約

月極契約のシナリオでは、月単位で許可を得たドライバーのみが駐車ゾーンに駐車できます。ホワイトリストを使用して、駐車ゾーンへのアクセスを許可所有者に許可します。

このシナリオについて:

  • 支払対象時間がないため、駐車ルールにはデフォルトの最小限である 1 分間のみが含まれ、猶予期間は構成されていません。
  • この構成を使用して、車両が駐車ゾーンに滞在する期間を追跡できます。

静的な許可と一時利用

このシナリオでは、ホワイトリストを使用して許可所有者に駐車ゾーンへのアクセスを許可し、不明な車両が駐車場に入場した場合は、そのドライバーが直ちに駐車料金を支払う必要があります。

このシナリオについて:

  • 無料駐車期間がある一時利用の例と同様に一時利用が構成されています。
  • Pay-by-Plate Sync の静的な許可を使用する駐車セッションでは、静的な許可は一時利用の駐車ルールのために構成された同じコンビニエンス時間と猶予期間に従いますが、これらの期間は静的な許可に適用されないため、許可が有効である限り、その許可が違反になることはありません。
  • 許可制限を使用するように駐車場が構成されている場合は、制限が有効になるときに、システムは駐車セッションの有効性を確認します。
  • 制限を含まない許可を使用するように駐車場が構成されている場合は、システムは駐車ルールの [デフォルトの有効期限の遅延] 設定で定義される 15 分間隔 (デフォルト) で駐車セッションを検証します。