カメラの設定を確認する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[カメラ構成] レポートを使用して、システムを構成しているすべてのローカルカメラとフェデレーション Security Center カメラおよびそれぞれの設定を確認できます。

このタスクについて

[カメラ構成] レポートを利用すると、カメラの設定を比較して、カメラが要件に応じて適切に設定されていることを確認できます。カメラに複数の動画ストリームまたは複数のストリーミングスケジュールが設定されている場合、ストリームとスケジュールのそれぞれが別個の結果アイテムとして表示されます。
注: このレポートは、Security Center 5.0-5.2 フェデレーションカメラや Omnicast™ フェデレーションカメラではサポートされません。

手順

  1. [カメラ構成] タスクを開きます。
  2. レポートのクエリフィルターを設定します。次の 1 つ以上のフィルターを選択します。
    カメラ
    調査するカメラを選択します。
    カスタムフィールド
    エンティティに事前定義されたカスタムフィールドを基準に検索を絞り込みます。このフィルターが表示されるのは、エンティティにカスタムフィールドが定義されていて、定義済みのカスタムフィールドが作成時または最終構成時に可視に設定された場合のみです。
  3. [レポートを生成] をクリックします。
    レポートパネルに、次のカメラ設定が一覧表示されます。
    カメラ
    カメラ名
    責任者
    カメラを管理している Archiver
    解像度
    カメラの動画ストリームの解像度
    画像品質
    カメラの画像品質設定
    フレームレート
    カメラのフレームレート設定
    ストリームの用途
    動画ストリームの用途 (ライブ動画用、録画用など)
    ネットワーク設定
    カメラが使用する接続タイプ
    ビットレート
    カメラのビットレート設定
    ストリーム
    カメラの動画ストリーム
    キーフレーム間隔
    カメラのキーフレーム間隔設定
    録画モード
    カメラの録画設定。
    タイプ
    カメラのタイプ (固定カメラまたは PTZ カメラ)
    ストリーミングスケジュール
    カメラの動画ストリームの配信スケジュール
    製造者
    ユニットのメーカー
    製品タイプ
    動画ユニットのモデルまたはシリーズ
    エリアパス
    システムエンティティを起点としたすべての親エリアのリスト。カメラに複数の親エリアがある場合は、パスとして “*\” が示されます。
    説明
    エンティティの説明
    エッジ転送
    カメラがエッジ転送用に構成されているかどうか ([はい] または [いいえ])
    ファームウェアバージョン
    カメラのファームウェアバージョン
    IP アドレス
    カメラの IP アドレス
    論理 ID
    カメラの論理 ID
    マルチキャストアドレス
    カメラのマルチキャストアドレス
    マルチキャストポート
    動画ユニットの接続ポート
    保持期間
    カメラの保持期間
  4. カメラの設定を変更するには、レポートパネル内のアイテムを右クリックし、[構成] () をクリックします。これにより、そのエンティティに対応する Config Tool の構成ページに移動します。
    注: このコマンドを使用するには、エンティティの変更権限が必要です。