マップ事前設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

頻繁に使用されるマップビューをマップ事前設定として保存し、他のユーザーが必要なときにすばやくアクセス可能にできます。

このタスクについて

マップ事前設定は、保存されたマップビューです。すべてのマップに少なくとも 1 つの事前設定があります。これはデフォルトビューと呼ばれ、ユーザーがマップを開いたときに表示されます。ユーザーがマップ事前設定を選択すると、Security Desk はズームレベルを調整して (可能な場合)、マップウィンドウ内のマップビューを適合させます。

マップはデフォルトのビューにロックされます。ロックされている場合、ユーザーはパン、ズーム、または事前設定の使用によりマップを再ポジショニングできません。

手順

  1. [Map designer] タスクで、必要な マップビュー にマップを配置します。
    • クリック・アンド・ドラッグでマップを再ポジショニングします。
    • マウスホイールまたはオーバーレイされた および ボタンを使用して、ズームインおよびズームアウトします。
  2. [プリセットの選択] () をクリックします。
    次のメニューが開きます。

  3. 次のいずれかの操作を実行します。
    • [プリセットを追加] () をクリックし、マップビューを新しいプリセットとして保存します。
    • [] をクリックして、既存のマップ事前設定のオーバーライド、名前変更、または削除を行います。
      注: 表示をデフォルトのビューにロックすることで、ユーザーによるマップの再ポジショニングを防ぐことができます。

      デフォルトのビューを設定した後で、[マップ] > [表示のロック] を選択することで、[Map designer] タスク内のマップをロックできます。

  4. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。
    変更を元に戻すには、代わりに [キャンセル] () をクリックします。

タスクの結果

変更はすぐに Security Desk ユーザーが使用できます。