Security Center で自動的に生成されるエンティティ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center ではほとんどのエンティティを手動で作成しますが、自動的に検出または作成できるエンティティもあります。

Security Center検出されるエンティティは、動画ユニットやアクセス・コントロール・ユニットなどのハードウェアデバイスを表すエンティティです。通常、エンティティを作成するには、Security Center とハードウェアデバイスとの接続が有効になっている必要があります。

次の表に、Security Center で自動的に作成されるエンティティを記載します。

エンティティタイプ 自動作成 手動作成
サーバー 常時。 サポートされていません。
ネットワーク 新しいサーバーを追加すると、自動的に新しいネットワークが作成されます。 サポートされていますが、通常は必要ありません。
アクセス・コントロール・ユニット 自動検出をサポートしているユニットのみ。 サポートされていますが、ユニットとの有効な接続が必要です。
動画ユニット 自動検出をサポートしているユニットのみ。 サポートされていますが、ユニットとの有効な接続が必要です。
カメラ 常時。エンコード対応動画ユニットがシステムに追加されると、カメラ (または動画エンコーダー) エンティティが作成されます。 サポートされていません。
アナログモニター 常時。デコード対応動画ユニットがシステムに追加されると、アナログモニター (または動画デコーダー) エンティティが作成されます。 サポートされていません。
LPR ユニット
  • 固定 LPR ユニットは LPR Manager ロールによって検出されます。
  • Genetec Patroller™ エンティティが追加されると、モバイル LPR ユニット (パトロール車両に搭載) が追加されます。
固定 LPR ユニットはサポートされていますが、通常は必要ありません。
Patroller 常時。 サポートされていません。
侵入検出ユニット 適用外。 サポートされていますが、侵入パネルとの有効な接続が必要です。
侵入検出エリア 侵入パネルが登録されると、Intrusion Manager ロールによって作成されます。 Intrusion Manager がユニットからエリア構成を読み取れない場合にのみサポートされます。